2009年01月19日

share

ようやく観にいった映画
into the Wild

いやはや、これは、
想像以上に。

なんていうか
とてもリアルだった。

彼が旅の最中出会った人たち、
ワタシもアメリカで
出会ったことがある気がした。

独りの老人
キャンピングカーが住処となってる「タイヤの放浪者」


最後、彼が
アラスカの荒野の中でひとり、
書き綴る言葉は
とてもリアリティがあった。

幸せは。


幸福は分かち合うことでのみ現実となる
Happiness only real when shared.

このshare という言葉
すごく重かったし
なんかすごく嬉しかった
posted by トミィ at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見に行ったのね。
最近惹かれる映画がなかったので、行ってみよーっと。

幸せとは・・・って毎日自問自答。
答えは人それぞれだけど、全てを捨てて感じた言葉って、響きます
Posted by yasso at 2009年01月19日 22:40
イントゥザワイルド
よろしおますね。

でも、とみながBの言葉のほーが心に染みましたよ。
てことで、僕もトリになって気の向くままに
飛んでいきます。

勝手にしろとか
ゆわぁないのぉ〜
Posted by トリキング at 2009年01月23日 03:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。