2009年09月08日

屋久島は2回目だった

0901-3.JPG

1回目は
今から7年前

沖縄に行くはずが
なぜか、屋久島に辿り着いてた、という
なんとも稀な旅のはじまりでした。

なぜか、といいますか
出発当日、羽田にいったら
沖縄行きの便が悪天候でキャンセルになったから
なるべく南でどこでもいいから便を振り替えてほしいと
お願いしたら、鹿児島便が空いていて

勢いで「お願いします」と言ったはいいけど
鹿児島いって何すればいーのさ、と
友だちに空港から電話したら

「屋久島だよ、屋久島。屋久島へいけーーーー」と

半ば強引に、右も左もわからないまま
屋久島に上陸してしまったのでした。

確かにその旅もおもしろかった
・・・記憶があいまいだけど。

けどやっぱり、
一人で感じられることには限界がある。

すごいね、といったら
ほんとだね、と返してくれる人がいる

誰かがボケたら
誰かがつっこむ

一人が笑ったら
みんながつられて笑い出す

大声で、笑い出す。

一人では感じられないことを
みんなとだと感じることができる
みんなが教えてくれる

今回の屋久島は
たしか1回目に行ったところもあったのに
全てが新しかった。


あの島が、あんなに
気持ちを落ち着かせてくれるところだなんて
知らなかった

岩の島、だなんて知らなかった

孵化したばかりの子ガメの生命力が
あんなにすごいなんて、知らなかった

やまびこは、みんなでやれば
あんなに、やまびこる(造語)なんて知らなかった


一人じゃなくて、よかったー

posted by トミィ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Yakushima | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126972819

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。