2010年05月13日

【Peru】全面復活まであと少し

今朝、タイムリーなニュースが。

マチュピチュに通じる鉄道
7月から全面復活


今年の1月末、大規模な土砂崩れで
クスコとマチュピチュ村を往復しているペルー鉄道の
線路が一部、崩壊してしまいました。

現地の方たちの必死の復旧作業により
3月末からなんとかマチュピチュ再開、
インカトレイルも4月から再開となり

一時はどうなるだろう。。と思っていた私たちも
なんとか、インカトレイルを歩くことができたのです。

それでも、マチュピチュから帰ってくるときは
鉄道の一部はまだ修復されていないということで途中の駅で降車、
それからバスを2台乗りついで、クスコのホテルに着いたのは
夜の22:00をまわったころだった。

ついた頃には、もうとことんヘトヘトヘトヘトで
その夜は泥のように眠った。きっとみんなも。

でもよく考えたら、たった5時間弱の道のりなんだよね。

マチュピチュへ行くときは、
毎日もっとたくさん歩いて、4日間もかけてたどり着いたのに。

途中、チラッと見たドシャで崩壊した線路のあと。
それは想像以上にすさまじかった。
もう少し時間がずれていたら、
きっと私たちは、あのトレイルを歩くことは
できなかったのかもしれない。

本当にめぐり合わせだったんだなぁと思います。
ラッキーだった、ありがたいなぁ、と。



上記ニュースに記載されてる

「世界遺産マチュピチュ遺跡へのほぼ唯一の交通手段」

トレッキングも立派な交通手段だよー。
あ、だから「ほぼ唯一」っていう言い方なのか。

posted by トミィ at 19:47| Comment(1) | TrackBack(0) | Peru | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか、帰りの方が大変そうだねぇ。まだ鉄道が復旧してないとは知らなかった。
今年のマチュピチュはそういう意味では思い出深いかもね。
Posted by らぐじ〜 at 2010年05月13日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149781935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。