2010年10月20日

早いのには理由がある

昨日、発表しました

2011年GWの
ペルー・マチュピチュ、インカトレッキングの旅


そう、6ヶ月先のツアー。

「半年も先の予定なんて、わからない」
そんなセリフが聞こえてきそう。

でもね、
歴史あるインカ道を4日間歩いてあのマチュピチュにたどりつく、
「インカトレッキング」という経験をするには
それだけの準備が必要なんです。

世界中の多くの人々が憧れている
インカトレッキング。

だけど、
1日500人しか入山を許されていない
このインカ道。

入る人数をコントロールして
インカ道の損傷を防ぎ、これからもこの道を守るため。

それはつまり
インカ帝国時代、あるいはもっと前からの歴史を守ること。

何度かブログでも書いているけど
この1日500人の中に入るためには
事前の申請が必要で、その申請は
もう3−4カ月前にはいっぱいになってしまうこともある。

だってね、世界中の人が
この500人に入ることを狙ってるんだよ。

荷物を運んでくれるたくさんのポーターさんたちを含む500人だから、
実際に入れる旅行者は、もっと少ない。

このツアーだって
必ずインカトレッキングができるという
100%の保証はない。

だから、1日でも早く申請したい。
だから、半年前から動き出す。
だから、予約時にパスポートがないとダメ。

正直、手配のタイミングだったり、すごく難しい。
現地との駆け引きも必要。
毎年この手配は、ドキドキしてる。

実際に歩く4日間の道のりも厳しいけれど、
インカトレッキングができるまでも道のりも厳しいんです。

だけど、
W厳しい後にたどりつく、あの景色。

それを見て、何を感じるか。
どう、思うか。
ぜひ自分たちで経験してほしい。

そのために
私は手配担当者として
最善の努力をしたい、と思っています。

同行するコマちゃんも
たくさんの気持ちをかかえて
この旅を楽しみにしてる。


ね、
発表が早いのには、理由があるんです。
posted by トミィ at 13:50| Comment(1) | TrackBack(0) | Peru | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トミィ〜 おひさしぶりです。
今頃、屋久島で筋肉痛かな(笑)
サイクリングイイね! 私も次回の屋久島ではやってみたいな〜。
 
去年の今頃、インカトレイルの問い合わせして、早くに申し込んだなーって懐かしくなりました。 
スタッフさん方の努力があって、職場や周りの人たちの手助けがあって、自分の強い意思と仲間の支えがあって、あの景色をみんなで見れたんだなと、しみじみ感じました。
500人の1人になれて幸せでした。 ありがとう!
Posted by aki-ta at 2010年11月01日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。