2011年06月04日

カナダ自転車300キロ、いくぞー。

きっかけは
この記事でした。



ほんっとに、怒涛の数日でした。
気持ちが、ジェットコースターみたいに
あがって、さがって。
二回くらい、泣いちゃったかなー。

ギリギリまで決断をねばって遅らせて
それでも催行中止を決断しなければいけなかった先週の金曜は
悔しくて、申し訳なくて、
朝までほとんど眠れなかった。

申し込んでくれてた方は
楽しみに楽しみに待っていてくれたから
本当に悔しくて。

それでも受け入れなくちゃいけない現実、

旅の魅力を伝えきる力が足りなかったけど、
申込をしてくれた方や、
20名近く問い合わせをくれたみなさんのアンテナに
触れることができる企画だったんだ
だから、来年に繋がればいい、

そう、自分に言い聞かせて
言い聞かせて

だけどどっかで
今年にこだわってる自分がいて

今年成功させて、来年に繋げたかった

これが正直な気持ちでした。

そして、翌日の土曜日
この雑誌で探検隊を知りました。このツアーに参加したいです」
と、彼がフラリと交流会にきてくれなかったら
その思いは閉じ込めたままだったと思う。

このツアーを
復活させられるかもしれないという
思いがけないこのチャンスは
私をたっぷり動揺させてくれました。笑

交流会での自己紹介、ほとんど覚えてないくらい。
でもそこで、この動揺の理由を話したことは覚えてる。
誰か、他に興味持ってる方、いませんか?と言ったことも。

性格的なものなのか、何なのか
普段あまり強引に、行こうよ行こうよ、いこういこう、
とは誘わない自分ですが

また別の隊員さんが
「実はカナダ、行きたいかもしれない」と私のところに来てくれたときは
心の底から「一緒に行こう」と何回も
もしかしたら、ちょっと強引に
もしかしたら、ちょっと声も大きめに
誘ってた。



一度キャンセルした現地の手配も
無事に取り直すことができ

こうして無事、催行できることになりました。

みんなからいただいたチャンスの糸を
手繰りよせることができました。

本当に、嬉しい。
本当に。

ツアー催行できることになったよと報告したら、ある人に言われました。

今年ダメでも来年に繋がればいいんだなんて
弱気なこと言ってないでガンガンいけよ って。

あは。自分に足りないところかも。

この人ももちろん、カナダ自転車の検討者。
だから遠慮なく、ガンガン誘ってます。笑

もちろん、
一緒にカナダで風を感じる仲間はまだまだ募集中
催行を決めたことで延ばせた締切りは、6/29(水)です。

一人でも多くのメンバーと
この夏を一緒に過ごしたい。

迷ってる方、連絡ください。
もれなくかなり強気に背中押させていただきます。
posted by トミィ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Canadian Rockies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。