2006年11月22日

【極上CostaRica】 もう一つの理由

kame1.JPG


ボケーっとしながら

隣のテーブルをふと見ると
彼女が、いる。

彼女が、本を読んでる。


ボケーっとする頭で

ここに
彼女がいることを

なんとなく不思議に感じつつ

でも、
何で会ってるんだろう

とは、微塵も思わなかった。

だって
コスタリカに来た大きな理由は、

彼女に会いたい、だったから。


ギリギリで決まった渡航、
奇跡的に連絡が取れ、

会えるの?
どうなの?

の状況で現地へ行ったけれど

絶対に
どうにかなると、思ってた。

必ず、会えると思ってた。


現に、

え、こんなトコで?

って場所で
ばったり、遭遇。


一緒に数日を過ごすのが
当たり前のごとく、

ただただ、
時間が経っていった。


日本を離れ、
コスタリカにやってきた彼女。
この国で、彼女の力を必要とする
この場所で、働いている。

二年と言う時間は、決して短くないと思う。

日本にいるときからずっと、
彼女の静かな強さと優しさが、大好きだった。

コスタリカへ行くんだ、と聞いたとき
もっと、大好きになった。


kame2.JPG

kame3.JPG

↑「ありがとう。確かに受け取りました。」


トミーに会えて、トミーの旅の一部にお邪魔できて
リゾート気分の味わえて、私は、とっても嬉しくて
楽しかったです。(中略)

あそこも、一応、私の働く診療所の管内で、そこで
トミーに普通に会って、3日間過ごしたのが、何だか
不思議な気さえします。



カメちゃんへ:

ベストタイミングで、
CDが届きました。ありがとう。

日本では、
大人数で会うことはあっても
二人でゆっくりお話ししたことは
ほとんどなかったよね。

Zopilote でも
お話したっていうより
一緒にボーーーっとした、と
いう方が正しいのかな。

もっと、話せばよかったかしら
と、思わないこともないけれど、

でも、心地よかった。

当たり前じゃないことなのに、
当たり前のような、あの空気が
とても、心地よかったです。

「ボーーっと」に
付き合ってくれてありがとう。

あの場所での時間を
カメちゃんとシェアできたこと。

あの3日間だけでも
今回の秋休み、コスタリカへいったイミが
あったと思っています。

ワタシも、会えて嬉しかった。
本当に。

お仕事のお話
色々聞かせてくれてありがとう。

人望の厚いカメちゃんは何処へ行っても、
やっぱり、いい人たちに囲まれるんだなーと
思って聞いていました。

その国に
「ガンバレ、ガンバレ」という
言葉は似合わないよね。

体にはくれぐれも気をつけてね。

次はきっと、
日本での再会になるのでしょうか。

楽しみにしています。

トミー
posted by トミィ at 18:38| Comment(1) | TrackBack(0) | Costa Rica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜、とにかく、よかった。

それだけ。
Posted by らぐじ〜 at 2006年11月23日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。