2014年01月13日

伊勢丹2014

変わる、その先へ

きのうまでの夢が、今日は現実になる。
非常識とよばれたアイデアは、
たちまち常識と名を変える。
スペシャルは、あっというまにスタンダードだ。
めくるめく変化の中で、百貨店は、
変わらず感動にあふれているだろうか。
進んで変化をとげているだろうか。
変わらないのは、たったひとつ。
お客様の最高の笑顔のために、
すべてをそそぐことだけ。

毎日、かつてない百貨店になる。
その覚悟はあるか、三越伊勢丹。
posted by トミィ at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ISETAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難しいだろうなぁ、百貨店。とにかく安いことが優先される世の中。“いいもの”でも高いと買ってもらえない…。でも、本当にいいものはそれなりの値段になる。難しいねぇ。
Posted by らぐじ〜 at 2014年01月19日 09:29
はじめまして。

トミィさんのブログから伊勢丹の企業メッセージを整理したところ、2008年が欠落、、、。

何とか、知りたいのですが、、

2015
is this japan?
日本の四季に育まれるもの。それは私たちの五感です。
耳を澄ませ、匂いを感じ、見て、味わい、触れてみる。
ものづくり、品ぞろえ、お客さまを笑顔でお迎えすること。
もてなしのこころをととのえるのも、日本の五感。
三越伊勢丹はそのひとつひとつに磨きをかけ、世界のあらゆるひとびとにひらかれた、胸のたかなる未来をつくります。
this is japan.

2014
変わる、その先へ
きのうまでの夢が、今日は現実になる。
非常識とよばれたアイデアは、たちまち常識と名を変える。
スペシャルは、あっというまにスタンダードだ。
めくるめく変化の中で、百貨店は、変わらず感動にあふれているだろうか。
進んで変化をとげているだろうか。
変わらないのは、たったひとつ。
お客様の最高の笑顔のために、すべてをそそぐことだけ。
毎日、かつてない百貨店になる。
その覚悟はあるか、三越伊勢丹。

2013
問いつづける。変わりつづける。
感動と呼べるものまで、おとどけできているだろうか。
こころ動かすために、こころ働かせているだろうか。
暮らしの全てをお手伝いする、覚悟があるだろうか。
さきがけることこそ使命、と胸に刻んでいるだろうか。
それを問いつづけるのが、ほんとうの百貨店。
大胆に変わりつづけるのが、これからの百貨店。
二〇一三年三越伊勢丹は、ためらうことなく、前へ。

2012
こころが動く。
一瞬で笑みが生まれる。
こころが動く。
踏みだす一歩になる。
こころが動く。
今日があたらしい一日に変わる。
こころが動く。
すべてがはじまる。
こころが動く。
その力を誰よりも信じたい。
こころで、見つめ、考え、動きながら、世界になかった生き方を、あなたとつくりたい。
それが、百貨店。
それが、ひとつになった
三越伊勢丹ひとりひとりの、こころ。

2011
あなたに、耳をすまそう。
その胸がどんな今に高鳴っているか、聞こえるように。
あなたに、目をこらそう。その瞳が、どんな明日を探しているか、見えるように。
一瞬一瞬のあなたと、まっすぐに向き合おう。
かけがえのない瞬間がかさなって、遥かな未来はできあがる。
いままでどこにもなかった、これからもここにしかない、ISETANとつくる2011。

2010
そう、ほしかったのは、こんな未来。
今日なにと出会うかで、明日は変わる。
すべての出会いは、未来につながっている。
そうそう!なるほど!そんなことまで!
深くうなずき、笑みがこぼれる出会いを、かかえきれないほどあなたに贈りたい。
それが、かけがえのない未来につながっていくのだから。
世界でいちばん胸高鳴る場所へ、時間へ、人へ。
ISETAN 2010

2009
ISETAN? ISETAN!
過去の成功や経験で、話さない。考えない。
そうすれば、予測できない明日は、むしろ待ち遠しい。
私って、こう。そんな思い込みを脱ぎ去ろう。
勇気がいるけれど、でもそれが、私。
変わる。それが、変わらない、変えてはいけない、私。
私?私は、ISETAN!
2009年のあなたに、つぶやかせたい。
まさか、ISETAN?
やっぱり、ISETAN!

2008



2007
「一期一会一美」
ひと塗りの技を重ねて、漆は艶を放つ。
ひと織りの思いを連ねて、絹は目を奪う。
一瞬にこめる真剣さと情熱が、時をこえる美しさと豊かさを生むように。
あなたとの出会いも、そうありたいと思うのです。
かけがえのないひと時が、やがて忘れえぬ一年になる。
一期一会のこころ。2007年の伊勢丹。

2006
星が、星座になるように。
ソロが、オーケストラになるように。
単語が、フレーズになるように。
人と人が、おなじ気持ちでつながれば、
思いもよらない力になる。
そろそろ、ひとりを、ひと休み。
あなたは誰と、今を輝き、
日を歌い、未来を語りますか。
伊勢丹は、120年目も、あなたと。
もうひとり、好きになってみる

2005
私から、笑おう。
ゆりかごで、あんなに泣いたのは、大人になって思いきり笑うためでした。
さぁ、笑いましょう。顔がほどけると、心もほどける。
あなたがはずむと、あの人もはずむ。いま必要なのは、おだやかな強さと美しさ。
豊かな明日の一番近くにいるあなたから、アートと文化で笑顔にしたい。

2004
がんばれ、よりも、リラックス’
‘ほほえむひとが、いちばん強い’
Posted by たま at 2015年07月18日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。