2011年01月06日

年末年始に入り込んだ世界

年末年始、友だちからのお勧めで
「神々の山嶺」を読みました。

どっぷりはまらせていただきました。

山のお話。
とてもストイックな。
舞台は日本とネパール。

それにしても
羽生と深町の、友情とはまた違う
ギリギリな信頼関係がとても美しかったなぁ はぁ

山にちょこっと関わることありますが
山は怖い、という気持ちがあります。

この作品を読んで改めて思いました。
レベルに関係なく、やっぱり怖い。

これはきっと
一昔前に遭難という経験をしたことが大きいと思うんだけど
でも、この怖いという感情を持てることは
自分にとって、すごくいいことだと思います。はい。

あの頃は、調子にのっていて
全て自分の責任で、そーゆーことになりました。
けが人もでた。心配もかけた。
幸運なことに、命はたすかった。

大げさなことじゃないんだって思います。
やっぱり、山は怖いと思います。
そう思い続けていたいと思います。

海に対しても同じで。
山も海も外から見てる方が自分には合ってる、と思います。
その世界にぐぐいと入ってゆくことが、どうしてもできない。

大きすぎるんでしょうか。
深すぎるんでしょうか。

入りかけた経験があるから、
入ってゆくから得られる思いや感動があるのもわかります。

でもね、いいんです。
自分にとってはそれでいいんだな、と思います。
スタンスです。

いや別に
よし、いっちょ、自分も冬のエベレストを登ったろ、
しかも無酸素、挑戦したろ、

なんて軽く思う人間なんていないと思うけど。

山に対して真剣な思いを持っている人は
実在しているわけで
あの作品(神々の山嶺は漫画です)は
ビシビシそのことが伝わってきて

なんだかその怖さと厳しさを改めて感じて
年末年始でした。

あー、読んでて本当におもしろかった。
そして、こわかった。

posted by トミィ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

喜怒哀楽

PC280044.JPG

探検隊オフィス、
年内の営業最終日

嬉しいお客様がきてくれましたー

眠くて、びえーんって
泣いてたねー



CIMG1493.JPG

CIMG1495.JPG

こちらは、わっはっは、と。

山を走ってたはずのトナカイとその仲間たちが
なぜか海で、大ハシャギしています。

特にトナカイは
お誕生日だからいつものBIGスマイルに
輪、かけて
BIGスマイルです。



いいねー

びえーん も
わっはっは も

時には 
ぷんぷん だって
やったー だって

感情をちゃんと出せるということは
とても、素敵なことだと思います。

今年、誕生日を迎えたときに
かかげた目標の一つは

マイナスの感情もきちんと出していくこと
表に出していくこと

もちろん出しすぎるのはよくないけど、
「出さないこと」が決して良いことではないってこと

なんか、ここ数年で感じて
思ったことです。

その昔に
こーゆーオトナになりたいと思ってたオトナを
きっとジブンはずいぶん履き違えていたんだろうなぁと
最近、そんな気がします。

それにしてもずいぶんブログ書くの久しぶりです。

イクちゃんがオフに入って、
オフがとっくに終わるくらい、時間たってます。

いろいろな約2ヶ月だったなー
喜怒哀楽 ぜんぶあったなー
ちゃんと出せてたかなー

2011年は、
アメリカいきます

大好きな友だち(現在インフルエンザ中)と
レンタカーしてアメリカ旅するんだー
一番好きな国立公園、ザイオンにいくんだー

初めての経験です
ずぅぅぅぅぅぅぅぅっと
自分で運転してアメリカを旅してみたかった

短い期間だけど、旅は長さじゃない。
ここで働くようになってから
心から、そう思えるようになりました。

7日間の旅で人生が変わったという経験をした人
たくさんみてきた
ワタシも、そんな積み重ねだった

アメリカは8-9日間くらいかなー
6月くらいかなー

なーんていいながら
さっくり休みとりますアピールだってこと、

バレました?

わっはっは



探検隊オフィスは
12/29(水)〜1/3(月)までお休みです。

なななななんと
いつもは水曜はお休みですが
1/5(水)は通常営業させていただきます。

みなさまはどんな年末年始すごしますか?

また来年、感情豊かに、会いましょう。
楽しみにしております

よいお年を。

って、別に
年内もうブログ書かない気持ちはとくにないんですけど
なんとなく、〆の挨拶、させていただきました
posted by トミィ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

12/17 宴のあと

CIMG1472.JPG

某オフィスにて、賄い中。

「今日のイベント盛り上がったねぇ」
「うん、プロポーズ大作戦、感動だったねぇ
「てか、このチキン、ほじくればまだまだ食べられるよねぇ」
posted by トミィ at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

今日、電話くれたあの人へ

電話ありがとう
話してくれて、ありがとう

ワタシはワタシだから、
Nちゃんではないから
簡単に「わかるよ」とは言えません、
言いたくありません。
本当の痛さは、
Nちゃんにしかわからないと思うから。
簡単にわかることじゃないから。

ワタシに「がんばれ」って言ってくれてる場合じゃないよー
でも、そう言いながら自分に言ってたんだよね

だから、応援しています
陰ながら

いつの間にか
お互い、大人になってしばらく時間がたってたね

色々だよね
いろいろ

だから、応援しています
陰ながら

「もしもし、なおー?」って
昔っからの優しい口調、そのままで
嬉しかったよ

たくさんのこと、
ワタシに言ってくれて
嬉しかったよ

ありがとう

ご飯、いこうぜ
ビールは付き合えないけど。

大人になって時間たってる同士
話、しようよ
もしよければ。

これからも末永くよろしくお願いします。

なお


追記:
思うんだけど、
ワタシが写真に写るときに変顔する癖、
Nちゃんの影響だと思うんですけど
そこんとこ、どうですか。
posted by トミィ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

リチャード、現る

人気ツアー?

No1は
やっぱりSouthern Sun(サザンサン) だよ

No2は
Western Wonder(ウエスタンワンダー) かな

次は
Freedom Trail(フリーダムトレイル) これはヨーロッパ人から大人気だね

それと
Westerner2(ウエスタナー2)Best of East(ベストオブザイースト)

ペラペラぺらぺらペラペラ
リチャードはしゃべり続けました。



PA280074.JPG

カレは、リチャード。

探検隊が一番取引の長いトレックアメリカ社のセールス主任。

ウケルくらい英語の早い、イングランド人。
生粋のジェントルマン。

写真撮るとき、
ワタシの身長あわせてヒザ、曲げてくれるところとか
すごくジェントルマン精神を感じます。
やっさしー!

探検隊のオフィスに来たのは、8年ぶりくらい。

リチャードが手に抱えているのは
その8年前に、カレが持ってきてくれたトレックアメリカのテント。
古くなったものを、展示用にもらったもの。

まだあるよー、と出してきたら
匂いをかいで「うーん、リアル」とおおはしゃぎ。

リチャードは、
トレックアメリカと人が好きで好きでたまらない。
それが、伝わってくる。

ワタシのありったけの英語力をフル稼動させて
1時間ちょっとのミーティング、2011年のことをあれこれ話した。

というか
こっちが1聞いたことに対して10話してくれるから
大切なところを逃さないように、話をする努力をした。

ここ大事なとこだ、って部分だけを
自動的に判別できるようになったワタシの頭っていうか
感覚っていうか勘?みたいなのがあるんだけど
これはいいことなのか、悪いことなのか。
ニュアンスすぎて、時々不安になる。
けど、なんとかなってる、この事実。
(ワタシは決して、英語ができるわけではないのだよ、いやマジで)

あ、話がそれた

多国籍ツアーをぐんぐん推していきたいと相談したら

休みの取りずらい日本人にお勧めの
mini Adventure ツアーの数々をお勧めしてくれた。

このmini Adventureがすごいのは、
ポイントを押さえすぎなところ。

例えばモニュメントバレーのホーガンに
カウボーイキャンプにグランドキャニオンに・・・
短期間でよくぞここまで。

そして冒頭にあげた、世界中での人気ツアーBEST5。

日本でアメリカ西部はとても人気があるけれど
東部のツアーはあまり、ほとんど、行く人がいない。
1年に・・ちらほら程度。

でも、ヨーロッパ人には東部が大人気だから
Freedom Trail(フリーダムトレイル)
Best of East(ベストオブザイースト)
とても賑わってるんだって。
なんか新しーい

グループツアー(大人の修学旅行)も
色々な要素があって、正直ここ数年トレックアメリカでは
とても修学旅行が作りにくかった・・

けど!

なんだかとてもいいニュースを聞きまして
来年からはもっともっとアレンジができるようになりそうです。

例えば
どうしても日本発着最短10日間でしか組めなかったツアー。
10日間=土曜〜翌日曜の9日間+1日、
この「+1日」が日本人にとって、どれほど取りづらいものか・・
それをきれいに9日間におさめることができるようになる。

例えば
ここ、ヨセミテもう1泊したかった、の声を実現できるようになる。

これは私たちにとっても本当に嬉しい。

来年、リチャードが再度日本にくるときは
久々にトレックパーティーやりたいね
とも話してました。

日本人のみんなに
会いたいな会いたいな会いたいな、
のオーラがすごかった 笑

「ずっとそうだけどね、
 トレックアメリカはエクスプローラと一緒に
 仕事ができて、本当に嬉しいんだ
 オフィスに来て、いつもそう思うよ。
 とても力を入れてくれてるのがわかるし信頼してる。
 それにエクスプローラのお客さんは本当にハッピーな人が多くて
 最高だしね。
 これからもずっといいパートナーでいよう」

信じてくれているのが嬉しかったし
誇りに思えた。

やっぱり原点なんだなー。
posted by トミィ at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

2011年

やっと
2011年の手帳が届いた。

ユーコン犬ぞりに同行する
元・番長(この言い方、懐かしー!)のお勧め
MOLESKINE(モルスキン)にしました。

映画やメディアに
チラッと出てたりする、このメーカー。
シンプルで、すでにお気に入り。

2011年はマンスリーだけ。ウィークリーはなし。

いろいろあると
結局、中途半端にしか使いこなせない自分だから
来年はよりシンプルに。

さて、
毎年悩む。

目の前にある来年の手帳に
一番初めに何を書き込もう・・・

お仕事柄、
イベントだったり旅だったりの予定なんだけど。

12月のページがあったら
間違いなく、ワンガヌイ&トンガリロなんだけど。

結局、もったいぶって
まだ何も書いてない。
まっさら。
まっさら。

今はまっさらな
この手帳に、
どんなことが書かれていくのかなー。

探検隊が15歳になる2011年
どんな年になるだろう

手帳の中身ががらりと変わるようなこともあるのかなぁ。
どんな年にしたいだろう、
考えなくては。



普段手にするものにこだわりを持つって、
大事だなーって改めて思います。

大切に1年を過ごすために。

今年の誕生日
抱負の一つにあげたんだ
丁寧に日々を過ごしたい、って。

っていうか、

つらつら書いてたら、
何かこの記事、来年の抱負みたいだ。

勝手に2010年締めくくろうとしてる。
早い早い。

ま、いっか。
posted by トミィ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

満開

CIMG1209.JPG

春じゃないけど満開でした
幸せが。

新潟の旅で出会った二人が、ついに

「ついに」っていってもね、
お付き合いを始めて、2日後にプロポーズ。

なんて、スピーディー。

でもそれだけ
あ、この人だ、って思ったんだね。

旅が大好きな二人は
探検隊にもたーーーーくさんのお友だちがいて

だからこのパーティーは8割近くが隊員さんだった。
もう、大同窓会みたいで、楽しかった。

たくさんの人が二人をお祝いしてて、
なんかもう、ほっとけない二人で
本当に愛されている二人で
とてもアットホームなパーティーでした。

乾杯のとき
ちょろっと司会させていただいたのですが
終始、大爆笑。

話してる間に、裏幹事から
ダメ出し、二回。

ま、いいよね。
だってみんな笑ってたから。

幸せいっぱい
笑いいっぱい
イチロちゃん、えりんぼ、おめでとう。

本当に、おめでとう。
素敵な会を、ありがとう。

やっぱり2日後ってさ、すごいよね。



あ、奥にいるご夫婦も
アラスカの旅で出会った二人。

こう考えると
一緒に行った旅でのカップル成就率、結構、高い?

おい、めでたいじゃないかっ!


注)探検隊は、そーゆう系の会社じゃありません。
  あくまでも結果論です。
posted by トミィ at 21:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コツ

猛烈に、筋肉痛です。
前腿がいたいです。

昨日、トレランいったから。

どちらかというと、
下りは得意だと思ってた。

けど、昨日はぜんぜんだった。

あまりにも続く下りで滑るの怖くって、
無意識のうちに、ブレーキかけながら走ってた。

そしたら、ガイドのヒロちゃんが
下りのコツを、こう言った。

「滑る前に、足をあげちゃえばいいよ。
 そしたら滑りようないでしょ。
 その繰り返し。」


・・・確かに。
すごいシンプルで的確で、なんか笑った。

シンプルなことほど難しいけど
やっぱりヒロちゃん、いいなーと思った日曜でした。

足、ガクガクですけど。
posted by トミィ at 16:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

年末は、初めての場所へ

トンガリロ?
ワンガヌイ?

なんか、呪文ぽい。
それは、どこ?

数年前、始めてこの名前を聞いたとき、恥ずかしながら
ニュージーランドの南島なのか北島なのか、それすらもわからなかった。

その後、トンガリロ国立公園は映画「ロード・オブ・ザ・リング」の舞台となって、
でも映画はみてなくて、
それでも、映画の舞台になるようなところだから、きれいなんだろうなーって。
ぼんやりと、場所と名前だけ記憶に残った。

そしてなんとなく、NZは一人で旅するよりも、
仲間で旅するのが似合う国、
そんなイメージ。

それから数年たって

昨年から探検隊と一緒にNZのツアーを作って
多く隊員さんをNZファンにしてきたリアルニュージーランド
次の旅に提案をしてくれた場所は、トンガリロとワンガヌイ。

さすがに、呪文だ、とは思わなかった。

リアルニュージーランドのスタッフ・まるちゃんが
あれはたしか
北海道は網走の駅前にあるレストラン
‘ビクトリア・ステーション’でパフェを食べながら

この旅を一言で言うとさ、アドベンチャーなんだよね、
もう、アドベンチャー。
それ以外のなにものでもないんだよ。

と言ったとき
まるちゃんの、その場所に対する‘敬意’みたいな気持ちを
私は勝手に感じてた。

心の底からニュージーランドを楽しんで、愛してる
リアルニュージーランドがこんなにもお勧めしてくるこの場所を
探検隊のメンバーと、旅したい。

「ロード・オブ・ザ・リング」の舞台だからという理由じゃなくて
何があるかもわからないけど、
なんか、アドベンチャーらしいから。

探検隊が扱っているツアーとしては
トレッキングも国立公園もカヌーも、
正直、そんなに目新しいものではないけど
でも、なんか違う気がする。

それから色々、ネットでも調べてみると
いろんな人がいろんなことを言っていて、

>個人的にいえば北島の魅力の半分以上は
>この(トンガリロ)クロッシングに集約されていると確信します。

でもそれは人の意見。
やっぱり、自分で感じたい。

 −マオリの伝説で、
  トンガリロ山とタラナキ山が、美しいピハンガ山をめぐり争い
  敗れたタラナキ山が、大地に大きな傷をえぐりながら逃げた。
  それがWhanganui(ワンガヌイ)リバーの始まりとされている−

まだ行ったことがないのに、
このような伝説が、なんて似合う場所だろう
そう、直感で思ってる自分がいて
最初に、呪文ぽい、と思ったのも
あながち間違ってないような気にもなってきて

だから、わたしは
すごく、すごく、この旅が楽しみなのです。

この、突っ走りぎみなワクワクと
静かに、自分の中だけで映しこめる妄想と。
知らない、まだ行ったことのない場所だからこその
この感情は、なんか特別な気がします。

早く、自分の足で、みんなと
この場所に立ちたい。



今回、旅のガイドをしてくれるのは
リアルニュージーランドの、アイリーンこと藍ちゃん。
ラフティングガイドでもある川のプロフェッショナル藍ちゃんと一緒に
旅ができるのも、とても楽しみ。

もうイメージ、できてます。

探検隊のメンバーと、藍ちゃんと
この地を旅をしながら、仲間になっていく感じ。



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ワンガヌイ・ジャーニー&トンガリロ・クロッシング
〜 カヌーキャンプ87Km&1Dayトレッキング 〜

2010年12月24日(金)〜12月31日(金) 8日間 
*日本発着最短日程:2010年12月23日(木・祝)〜12月31日(金) 9日間

ツアー詳細はこちら
posted by トミィ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

【北アルプス】絶景!

CIMG1069.JPG

何というお天気!

CIMG1084.JPG

その昔、国内添乗員をしていた私は
ひと夏に4,5回と、上高地を訪れた。
でも、ぜんぜん、その時の記憶がない。
たぶん、マイナスの感情の方が大きかったから。
大変、緊張、疲れる・・・などなど

しかも、休むことばっかり考えて
歩こう、だなんてこれっぽっちも思わなかった。
もったいな!

11年ぶり?に来た上高地は
驚くほどに、それはそれは素敵なとこだった。

あの頃よりもなんだか泥まみれだけど、
私も大人になったってことかなー
と、いうことにしておこう。

CIMG1072.JPG

前日、山の上からは真っ白で何も見えなかったけど
この日は、歩いた独標への道を
はっきり下から見上げることができた。

大満足。



五千尺ロッジ&帝国ホテルのチーズケーキ。
これだけは、外せない。

大満足。
posted by トミィ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

【北アルプス】5分の1

CIMG1066.JPG

がんばって山登りした後の温泉は、最高。

そしてその後の飛騨牛は、とても最高。

でもって
その後のお散歩で入る、足湯&ちょっと一杯は、とてつもなく最高。



温泉5回はいった。
幸せだった。
posted by トミィ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

【北アルプス】新調したレインギアが大活躍の巻

CIMG1038.JPG

ロープウェイからはきれいに見えた北アルプスの山々

これは、絶景期待できると
歩き出したら・・・

IMG_6076[1].JPG

雲が出てきて、

CIMG1052.JPG

オウ 真っ白!
デンジャラス!

雨ってわけじゃないんだけどね

西穂山荘からゴールの独漂までは
切り立った岩場満載で
それはそれは、足元危うくて

こんな感じ↓
IMG_6064[1].JPG

雲がなかったら、こっちには上高地が見えて
すごい景色なんだよ、って聞きながら

ふーん
でも、雲がなかったら、下が見えすぎて怖いかも
ていうか、アキラさん、雨男なんじゃないの?
って言いながら

IMG_6065[1].JPG

たどりついた独漂には10分くらいだけ滞在。
何も見えないし、狭いし、早く降りよ、とすぐ引き返した。

ほんと、何にも見えてないのに。
しかも、すごい寒いし。
景色、楽しみにしてたはずなのに。

なのに
なのに
なんなんだろか、この達成感。

IMG_6077[1].JPG

霧の中の景色はすごく幻想的で
なんなんだろか、この満足感。
posted by トミィ at 22:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【北アルプス】*ニセモノです

IMG_6066[1].JPG

マント付け忘れたダースベーダー 
in 西穂山荘

頭、でかすぎ。


posted by トミィ at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

【北アルプス】*ホンモノです

CIMG1089.JPG

西穂高&北アルプス
行ってきたどー

ガオー
posted by トミィ at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

きたきた!

P9180257.JPG


『みんな なか49』ゴミ拾い隊

恒例になりつつある
この、関係あるような ないような
オフィス記念撮影がおもしろいです。

土曜の静かな午前中
こうやってオフィスに顔出してくれるの嬉しい。

10月のアウトリガーカヌーへ一緒に行く友だちも、初オフィス。

御苑の街を、きれいにしてくれてありがとーう
またオフィスに休憩きてちょーだいね。

posted by トミィ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

瞬間最高興奮率

昨日、お友だちが踊るってことで
高円寺の阿波踊りを見に行ってきました。

おおおおおおおおおおお!!!!!!!!
もう、すごかった。
すごいすごいすごい。

こんな表現しかできない自分が不甲斐ない。

瞬間最高興奮率1000%、
個人的には、ここ数年で1番の数字です。

今年で出場7年目だというお友だちは
誰よりも機敏に
小さい体を大きく大きく動かしていました。

お囃子のチンチチン、というカネの音の特別感。
ミニカー屋さんがビールやたこ焼き売ってる、
なんでもありな、街をあげてのお祭りモード。
掛け声やノリ方をよーく心得た、沿道の人々。
あの熱気。

何よりも、見ていて気持ちよかったのは
暑い中、かなりハードなはずなのに

踊り子さん、お囃子さん、みんな
ホントーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに
楽しそうに、嬉しそうに、踊っていること。
すごいいい顔してた。

いいもの見たなって心から思います。
ありがとう。


あんなに大きな声で人の名前呼んだの
いつ以来だろか・・・

posted by トミィ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

意識のむいている方向


モノゴトって進んでいくもんだなぁ。

でも同時に
反対のことだって起こりえる。

絶対、
ってないんだなぁ。

posted by トミィ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

夏風邪

今年はプライベートで海外には
行かない気がしているので、
ばらけて夏休み、とらせてもらってます。

先週末も友だちと
わいわい関西行ってきました。

その出発前日、風邪の前兆。
でた、遠足前に風邪ひくタイプ。

しかも今週土曜日からは、内モンゴルなのに。

今だけは風邪ひけない・・・と思い
急いでいつもお世話になっているお医者さんに
行ってお薬もらいました。

「お願い。風邪、ひどくなれないんです」って。

どこ行くんですか?って聞かれたんで
「関西・・・です。」

内モンゴル、って言えなかった私をお許しください。
だって、何か怒られそうなんだもん。
お医者さんに怒られると、へこむんだもん。

そして怒涛で楽しい週末を向え
やっぱり、関西で風邪スパークして
お薬に助けてもらいながら山場を越え、
そして今、
すんごい渋い声になってます、自分。

探検隊の電話出ても
みんな、ワタシだって気づいてくれません。
声、裏返りまくっちゃって、笑えます。

でも、これは本当に直りかけてる証拠です。
自分の風邪は、最後の最後に声が枯れて
あとは、完治にむかうのみ。ほんと、良かった。

隊長から
「今まで行ったモンゴルの中で一番暑くて一番厳しかった」という
今年の内モンゴルの厳しさを聞き、もー、ドキドキ。

最初の都市が北京ていうだけでドキドキなのに。

一緒に内モンゴル行く隊員さんと
電話で話してたら、その方も、なんと風邪っぴき。
最後、お互いにちゃんと治して現地で会おうね、と
電話を切りました。

毎年ながら、探検隊は8−9月、怒涛です。
わかっていたけど、今日改めて手帳を見たら、怒涛です。
スタッフ一度も全員集まらない。
次に隊長に会うのは・・・いつ?

だから、
だからってわけじゃないけど
とにかく、風邪なんて、ひいてる場合じゃない。

でも、もうひいちゃったから
若干、気が楽なのでした。

みんなも、夏風邪、気をつけてー
posted by トミィ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

夏の時期でバタバタしてるというのは言い訳にもならないなぁ・・・

7月
ブログ2−3回しか書かなかった。

反省。
posted by トミィ at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

21.5時間と5.5時間

この週末は
イベント盛りだくさん。

久々に怒涛でした。

でも
最高に楽しかった。
最高の笑顔だらけだった。
最高の花火だった。
最高に眠かった。
最高に感動の涙しちゃった。
最高に嬉しかった。
最高にキレイだった。
最高にかっこよかった。

いつも、この7月の海の日は
24時間リレーマラソンに使っているのだけど
(探検隊スタッフ公認で自動的にお休みくれます、ありがとう)

今年は、更に+α。
大切な友だちの結婚式。

この二つのイベントが重なることで
今までで一番、思い出に残った7月連休に
なったかもしれないなー

なぜならば、
この日結婚したのは
24時間マラソンを一緒に始めたメンバーの
1人だったから。

24時間最後までいたら、
結婚式には間に合わない。

富士吉田よ、なぜもっと、
小田原とかに簡単にアクセスできないんだ。

でも
答えはとても簡単でした。
原点考えたら、簡単でした。

21.5時間の24時間リレーマラソンと
5.5時間の京都滞在

移動とか、なんかすごい楽しくて
しいて言えば
筋肉痛の体で、猛暑の京都駅を
普段履きなれないヒールで
猛烈ダッシュしたことくらいが辛かった。

京都のタクシーの中から見えた
鴨川と山と、
梅雨明けのスコーンとした空に浮いてる入道雲

あんなふうに
夏を感じることができて
本当に嬉しかった。

あの時のメンバーと一緒に
お祝いできて
本当に嬉しかった。

ありがと、ちはる
おめでと、にへーくん。



笘・SC_0178.jpg

昔々、学生だったあなたの
カナダ多国籍ツアーを手配したことが
きっかけで
今にいたります。

縁て不思議ですね。

9.11の影響で
帰国できなくなったあなたを心配して
お父さまと何度かやり取りしました。

そのお父さまにも
ようやくお会いすることができた。

ちはるが、いつも
家族の話をする理由が、わかりました。
とてもよく、わかりました。
素敵ですね。

2人のセンスが炸裂した
本当に素敵な会でした。
行ってよかったよ、本当に。

こんな日に立ち合わせてもらえて、
私は探検隊と出会った意味があると思えます。
ここにいて、よかったなぁ と。

2人でずっと笑って笑って
お幸せに

笘・SC_0359.jpg



21.5時間の方の報告はこちらに任せます!
(みんなはちゃんと24時間)
posted by トミィ at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。