2010年07月11日

ナイトランは、暗いトコ苦手な人は要注意

CIMG0364.JPG

ねぇ、だいぶ暗い。


夏は暑いから、昼じゃなくて夜走ろう
きっと涼しいに違いない!と、企画した
夜のトレイルランニング。

なのに昨日は夜もかなり、暑かった。
ウケるくらい、暑かった。

というのは
昨日は走ったのは、森の中の「谷」部分。

谷には湿気や熱気が溜まるから
暑かった。

これが尾根だったら
風がぴゅーぴゅーで寒いくらいなんだって。

オマケに蚊もすごくって
あーーーー
今も足がかゆいかゆいかゆいかゆい。
釧路川でヌカカに刺された以来のかゆさです。

でも
徐々に周りの景色が見えなくなってゆく
夕方から夜の森では
色々なことがわかりました。

普段、自分がいかに視覚に頼っているか。
そして、その感覚は、なんてあいまいなものか。

自然の中では、そして特に夜は
より、感覚を研ぎ澄まして。

何より、ぜったいに1人では(危険すぎて)経験できない
この夜のトレイルランニング。
前をゆくみんなの声や足音やヘッドランプの灯りが
どれほど、心強かったものか。

2人で組んだバディが
自分の名前を暗闇で呼びかけてくれることが
どれくらい頼もしかったことか。

動画UPしました。

基本、暗いものばかりですが
キャプションもつけて、
時間を追って映像くっつけたので
徐々に暗くなってるわかるかな?
最後とか、ホントに外だかもわからないくらいだけど
雰囲気伝わったらいいなぁ

来月のオーバーナイト
夜更け→明け方
 闇 → 光

に向って走る。
更に一歩踏み込んだ感じだなぁ

posted by トミィ at 18:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

やっぱり、


ジブリ美術館、時間をずらして
チケット取りました。


幹事まーちゃん、ありがとう。

ペルーメンバーと無事会えますようにー

猫バス猫バス。
posted by トミィ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

新宿御苑のゴミ拾い隊

オフィス近くにある
毎度お世話になってるお店らくだば主催の
49年生まれ中心となった

『みんな なか49』ゴミ拾い隊。

お店のある新宿御苑近辺のゴミ拾いをしようってことで
その途中、オフィス近くにも来てくれました。

CIMG0240.JPG

ミドリとオレンジのビブス、目立ってます。

すごいなー
のぼりとか、貸してくれんだ。

9割くらいが隊員さんだったこともあり
無理やりオフィスに呼び込んで
ハイ、チーズ。

CIMG0241.JPG

たぶん今回はたまたまゴミ拾いになっただけで
49年会のみんなと一緒にできることだったら
どんなことでもよかったんだと思います。

なんかわかるなー、その感覚。
みんなとすることに意味がある、というか。

街をきれいにしてくれてありがとうございます!



ちらっとみんなが持ってるゴミ袋みたら
タバコの吸殻が一番多かった気がするなー
posted by トミィ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ドバイの友だちが一時帰国

CIMG0239.JPG

南米で8ヶ月旅をしたあと
ヨーロッパへ渡って中東へ。

そして流れ流れて
ドバイに住んでもう5年?
優しい話し方も相変わらずで。

電話の向こうの友だちたちが喜んでる声、
こっちにまで聞こえてきた。

みんなから愛されてるんだねぇ
どんなに離れようとも。

話尽きなかったなぁ
色々、いろいろ、おめでとう。

またドバイ立ち寄ったときは
よろしくお願いします。

きのこの山と
カップラーメンと
ムーニー
お土産持って行きます。
posted by トミィ at 17:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

この露天風呂に入りながらボーっとするのは極上です

CIMG0228.JPG

ここ数年いった温泉の中で
最高のロケーションだったかも。

先週日曜、伊豆MTBの帰りに立ち寄った温泉。

温泉狂の自分に
これ以上ないってくらいのご褒美だったなー。

MTBの様子は
一緒に行った友だちがブログ書いてくれました。

ワタシはこの温泉の写真と
あと、頑張って撮った&UPしたMTB動画と、
届いたばかりの感想を・・



こちらこそ、楽しい企画をありがとう。
未知の世界のMTBは、乗っていてずっと楽しくて
特に山道はまさに、こういう所を走るためにMTBってあるんだろうな
ということを実感できたよ。

心を捕まれたものにはハマりやすい私は
あのツアーで走りながら『MTB欲しいな』と思えるほどのものでした。

他にも、滝の散策も今まで何度も伊豆には通っていたけど
見たことがなくって、改めてじっくりいい所がまだまだあるなと発見できたし
ちょっと疲れたなぁというポイントを付いて
手作りの美味しいごはん&おやつを出してくれて
ここでも心を捕まれました。

秋にMTB&カヤックツアー開催予定と聞いて
必ず行きたいと思ってます。
今から楽しみにしてるよ〜!



大阪と愛知からも参加してくれた今回のMTB。
当日キャンセルもあって人数は少なかったけど、
とても楽しかったです。ありがとう。

また一緒に遊びにいこー


posted by トミィ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

NとE

IMG_5485.JPG

お礼に何がいいかな〜と思ったんですが、
写真をプレゼントさせてください。
今住んでるシェアハウスの家の前で撮った写真です。
フリーマントルの夕日です。
この先にはインド洋があります。
風見鶏がさしてる N の方には日本があって。
E には南米があって。
この写真は夕日なんだけど、南米では朝日なんだな〜
って思ってます。
丸い地球っていいですよね。どこにでもつながってるから。



無事、インカトレッキングの許可証がとれた隊員さんから
すてきなプレゼント。
ありがとうございます。

すごい素敵なところに住んでるんだなー。
2回ほど、フリーマントルには行ったけど、夕日は見たことない。
大好きな西オーストラリア。

NとEとSとW
全然違う方向にみえて、実はつながってる。
posted by トミィ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

ソクラテス is ・・・

おじいちゃんが思い悩んだときに唱えていたという、
松山高校で哲学の岡野留次郎先生に習った三段論法。

MAN is mortal
SOKRATES is a MAN
Therefore SOKRATES is mortal

別におまじないではないけれど
おじいちゃんは、
これを唱えるとなんとなく心が
軽くなる気がしてたんだって。



もし今生きていたら
一緒に世界アチコチの話
たくさんできるのに。
posted by トミィ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

雨のBBQ

画像-0181.jpg

船をおりてちょうど丸7年。

その間、色々な環境の変化があって
それを踏まえた上で
集まれば一瞬にその時に戻っちゃう

今までにもう200回はした
7年前の話をいつまでもいつまでも
話すことができる

そんな人たちがいてくれることは
本当にありがたい。

もう7年も経つんだねーって思うけど
この年数は、なんかもう、誇りに感じます。

あの船で同じ方向見てたから、
今は笑えるくらいに
ぜんっぜん違う方向見てたとしても
もう、大丈夫なんだなって思った。

そして、見てる方向は、
ぜんっぜん違うようで
実は違わないんだってことにも
ようやく、気付けるようになってきた。
posted by トミィ at 19:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

「ボクは戦うこともできなかった」

彼は3回、そう言いました。
スケッチブックを持ちながら。

旅に出るには人それぞれの理由があって
意味があって。

スピーカーズコーナーで
泣いてしまったのは、これが3回目でした。
自分が司会であること、一瞬忘れてた。



東京交流会1部が終わって
話が聞けてよかった、本当によかった
ワタシはそう伝えたくて
スピーカーズコーナーが終わったあと、
何度か彼に近寄りました。

2度目くらいの時かな、
本当に聞けてよかった、ありがとうと
隣に座って彼に伝えたとき

その時、オフィスでは照明を落として
隊員さんのスライドショーを見ていたから
ワタシたちも、そのスクリーンの方を向いていたんだけど
ふと、彼が

「昨日の夜、明日なに話そうか考えて、
トミーさんに報告しよう、と思って話しました。」

と言いました。

おいおい。
また泣いちゃうじゃん。
部屋、暗くてよかった・・・

そう、私は半年前、旅の手配はしたものの
彼が帰国したとき、自分はアフリカに行っていて
そして、その後も見事な入れ違いで
ちゃんとした旅の報告を聞けていなかった。

今日、ああいった形で
なんていうか、ドストレートに
カンボジアがよかったとか
メンバーがこうとか そーゆーことじゃなくて

とても本質的なこと、
それは旅だけではなくて
彼自身の(たぶん、オフィスに来ていたほとんどの人にとっても)
本質的なことでもあるんだろけど、

聞けてよかったと思う。

ワタシだけじゃない、
あの場にいた人、みんなそう思っていたんじゃないかな。
ドストレートに、入ってきました。

報告、ありがとう。



@それ以前の自分
A探検隊に出会ってから旅に行くまで
B旅そのもの
Cその後の自分

@ACも
たまには話していこう。
もしかしたらそれは
勇気がいることかもしれないけれど。

posted by トミィ at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

次の次

ある友だちの夢を見て
気になって連絡したら

ワタシが彼女の夢をみてたその時
彼女はこの世に、新しい命を生みだしていた。

その日いったライブで
そんな彼女たちにぴったりの曲に出会い
んー
勝手に感動。

天使の綴り。

ライブで自然と涙が出てきたの
綾戸智恵いらいだったなー。



夏のツアーが続々と発表される毎日です。

夏の多国籍も動いてきた。
行先は、アフリカ、南米などなど。

みんな、気持ちは次の季節に向いてるんだね。

そろそろわたしたちは
次の次の季節に向けなくちゃ・・・

まだ今年の出発もむかえてないけど
来年のペルー、
もうすぐ動きださなくちゃなー

鬼に笑われるお仕事でございます。
posted by トミィ at 23:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

海の先にあるもの

海は広いな大きいな。

数年前、とあるフネで何日間か
海に浮いていたことがありました。
フネにめっぽう弱い自分にとって、
それはそれは
大変な数日でしたが
それ以上に、今も忘れることのできない
本当に大切な日々となりました。

が、何せ強烈だったので
それから海に浮くことを極力避けてきました。

こんな自分がとうとう行くことになった。
目指すは、25時間ちょい海に浮かんでたどり着く
とても遠い、東京都。


スタッフみんなから、大丈夫だろうか、と心配されて
やっぱり遠い・・・と後ろ向きになりがちな自分を、

「それでも行きたい」と思わせてくれるのは
やっぱり、小笠原、という場所だから。

これが例えば
同じ25時間でギリシャのクルーズとかだったら
私は行かないと思う。

人を惹き付けてやまないあの島に行きたい。
目が奥がジーンと痛くなるくらいの深い青、
ディープブルーの海で遊びたい。
ちょっとドキドキするけど、生イルカに会ってみたい。
できたばかりの、あの宿でのんびりしたい。
やっぱり、小笠原いきたい。
だから、行くことにしました。

昨日発表したとたん、立て続けに問合せが入って
もしかしたら、この人たちと旅ができるのかもしれないと
そう思うだけで、もう、とても楽しみなんです。
(待ってるよー)

しかも、小笠原観光協会の担当の方は
一緒にアメリカ旅した仲間のお兄さん。
まー しんきんかーん。

6月はさ
年間通して一番海がベタ凪なんだって。

だから、ダイジョウブダイジョウブ・・・
posted by トミィ at 12:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

ありがとう、お客様センター

国内外の心惹かれる映像って、
見て、まずは満足する。

そして、実際に行きたくなる。

この前チラっとみたこのCMも
そうでした。

金のTSUBAKI

見た?このCM、見た?
女優さんたちが
大きな自然の中ですごく素敵です。

ここ、どこだろう
どこの国だろう、と思わせてくれる大きな景色。

この砂丘はモロッコなのかな、
これはやっぱり、アフリカだろうな
グランドキャニオンぽいけど、違うかも・・・。

CMって時間短いから
想像力かきたてられて
余計いいのかもしれないなー。

でも、
どうしても撮影場所がどこなのか気になったから、
資生堂のお客様センターに電話。
(お客様センターって何でも教えてくれるんだよ)

・リンドバーグロッジ/南アフリカ
・ナミブ砂漠/ナミビア
・ラモナメサ/アメリカ・アリゾナ
・レイクパウエル/アメリカ・アリゾナ
・ベーカーズフィールド/アメリカ・カリフォルニア

誰だどこだかわかる?



ラモナメサってどこだろう・・
これ以上はお客様センターでもわからず。
どれだけ調べても出てこず。
グランドキャニオン・・ではないんだよな、たぶん。
posted by トミィ at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

トレッキングシューズその後

先月買ったトレッキングシューズ、
足慣らしのために履き始めた。

久々たずねるいとこのお家まで
1時間ちょっと歩いてみる。

右親指の裏がいたい。
皮がよってる感じといえばいいのでしょうか。

これってさ、慣れればなくなるもの?
歩き方そのものの問題?

靴が合ってないとは思えないんだよなぁ・・。

ペルーのトレッキングまであと1ヵ月。

足慣らしもそうだけど
全体的な体力低下も最近のジブンの大きな問題。

そんな訳で
暖かくなってきたし自転車通勤
再開しようと思います。

6月には2年ぶりのMTBにもいくんだー。
昨年末、乗ったとたんにインフルエンザになってから
この冬はすっぱり諦めたシルバ号(自転車の名前)
再びよろしくねー。

posted by トミィ at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

がっつりか、普段使いか

休みの水曜日
車飛ばしてアウトレットモールへ。
ああ、ありがたい平日休み。

ようやく新調、トレッキングシューズ。

コテコテのがっつりトレッキングシューズか
普段使いもできるトレッキングシューズか。

履けば履くほどよくわからなくなって
迷いに迷いに迷い、
普段使いもできる方を選ぶ。

決め手は、飛行機内に履いていくことを考えたら、でした。
山道でいかに足をサポートしてくれるか、じゃなくてすいません。

モンベルの店員さん、
約2時間も付き合ってくれました。
ありがとうございます。

履き鳴らして、
来月のペルー・インカトレイルへGO。



インカトレイルは2回目。
前回履いてた靴は、
そのペルーへ行く途中に立ち寄ったNYで
これでいいや、と買いました。

履き鳴らしなしでインカトレイルに臨んでた自分がすごいと思う。
でも結果、沢山のトコ、歩けてきたし
それはそれで全然問題なかったんだ、たぶん。

考えすぎても、よくわかんなくなるしね。
まさに、昨日の自分の状況でした。

さあ、本格的に気持ちを来月のペルーへ向けていこう。
posted by トミィ at 14:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

隊員さんのいとこは、小学校の同級生

学生時代の友だちはワタシのことを、「トミ」と呼ぶ。

トミ、元気?
この偶然の出会いに本当にビックリだよ。

と昨日、メールが届いたのは
学生は学生でも、小学校時代のおともだち
のんちゃんからだった。

のんちゃん、
もう何年会ってないだろう。

ことのいきさつは

数年前に多国籍ツアーに申し込んできた隊員さん。
その手配中、関西に住んでる彼女が、
しばらく東京の親戚のうちに滞在するから書類はそこに送ってください、と
教えてくれた住所が、ワタシの実家から数分の、しかも覚えるある苗字だった。

・・・もしかして、○○さんて、のんちゃんの○○さんですか?

いや、びっくりしました。
その隊員さんは、のんちゃんのいとこだった。

のんちゃんのオウチ、どんだけ小学校の頃遊びにいっただろう。
ファミコン、たくさんやらせてもらった。
優しくて綺麗なのんちゃんママのことも大好きだった。

だけど、直接連絡はとらなくて。
あれから8年。

とても嬉しいことに、来月行くペルー修学旅行に
その隊員さんが申し込んできてくれて。

しかも「のんちゃんが、とみながさんと連絡とりたがってました」と。

そして昨夜、上のメールが届いたのでした。

最後に会ったのは、
中学の頃一緒に行った、ディズニーランド?
クリスマスパーティ?
ワタシ、成人式とか行かなかったからなー。

背が高くてすらっとしてて、小学生の頃からきれいで
そんでもって、笑い上戸ののんちゃんに
20年ぶりに会えるかもしれない。

その隊員さんのおかげで再度、つながった。
posted by トミィ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

ああああああ、あめりかが

うそーん
ESTA が有料になる

10ドルだとしても
これには軽くショックを覚えます。
平たく言えばアメリカ入国が
有料になるということでしょ
アメリカを経由して中南米に行く場合もだよ。

一度とったら2年間は有効だから
今のうちにとっておいたほうがいいなー。
っていうか
来月末ペルーだから取らなくちゃだ。
posted by トミィ at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

3月4日

小さくかんぱーい

100304-1.JPG

探検隊14歳のお誕生日。

100304-2.JPG

隊長、ぐびっと。
いつもありがとうございます。


100304-3.JPG

よっ 男の哀愁。
お酌が似合うねぇ



地球探検隊がここまでこれたのは
何をおいても、
やはり隊員みなさまのおかげです。
ご縁のおかげ。

みなさま、
いつもいつも
パワーを、元気を
本当に、ありがとう。

15歳にむけて
ますます、楽しくいきたいです。

そして15歳のお誕生日は・・・

posted by トミィ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辛いも甘いも酸っぱいも

恋愛のことではありません。

鼻が史上最強につまっており
辛いものを食べても甘いものを食べても酸っぱいものを食べても
ぜんっぜん、味がしない。

やわらかいとか、熱いとか冷たいとか
それくらいしかわからない。

すごくつまらないです。

結局、花粉症なのか風邪なのか
今だわからないまま。
posted by トミィ at 18:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

雨のトレランデビュー。ごめん、写真なし。

日曜、人生初のトレイルランニング。

朝から、結構な雨でした。

ガイドのヒロちゃんから
トレランに‘雨天中止’という概念は基本的にはない、

と聞いていたし
だったら雨でも楽しもうじゃないか、と
意気揚々と現地に向う。

でも、大船着いても
雨は弱くなるどころか、強くなってて
何より、寒いし。
寒すぎるし。
雨、冷たいし。

だけど、いよいよトレイルの入り口に立ったとき
早く走り出したくてしょうがなかった。

寒かったからかもしれないけど
それでも、土を見てたら走りたくなって
気がついたらみんなで1列、元気よく走ってた。

あ、トレランやってみたみんなが言ってたこと
なんとなくわかった、と思った瞬間だった。

思っていたよりずっと走りやすい。
下りでなんとなく勢いついて
その勢いで上りも走ってみて
でも疲れたと思ったらすぐに歩いて

無理しなーい。

そしてなんといっても
土だとあんなに走りやすい。
コンクリートと違って、
体をしっぽり受け止めてくれる気がした。

雨の中、
私の前を走ってる
タケシとキジョーの靴が、
バシャバシャと水溜りに入り、泥をはねる様子を
見てるのが、楽しくなった。
気持ちよかった。
もっと靴、汚れちゃえ。

極寒のなか、お昼を食べて
おしくらまんじゅうをして
輪になって手をつないで、足のももとすねくっつけあって
「わぁ、あったかいねぇ」と人体の驚きを共感しあって

そして午後には雨がやんだ。

津波警報がでて
海側には出られなかったけど
でも、満喫できた、雨の日トレラン。

ようやく、入り口にたてた
そんな気がした。



帰りに、昔懐かし銭湯へ行きました。
電気風呂が、大ヒットでした。
みんな、ヒロちゃんの言いつけ守って、
筋肉の疲労をクールダウンさせるために
ちゃんと水風呂はいってた。えらい!
なのにワタシはのぼせて貧血になり
ロッカーのカドにアタマを思いっきりぶつけて
☆がとびました。
どんだけ情けないんですか。



そして本日
おかげさまで筋肉痛はないんだけど
ゴホゴホ咳して熱っぽくて鼻かんでるワタシのことを
なぐもさんや隊長は、風邪扱い。

そんなにひ弱な体だと思いたくないから
(もう充分ひ弱ですけど)
たぶんこれは風邪じゃない。たぶん。めいびー。

なぜならば・・・

いや、きわどい。

どっちだ。どっち。

風邪か・・・あるいは
いよいよ花粉症。

後者だとしたら、これまたデビュー。
posted by トミィ at 18:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

あっちから、こっちから、オフィス賑やか

P2180003.JPG

一部コアなファン多数の彼女。
ベトナムの暑さについてトーク炸裂中



P2180016.JPG

ペルー・ボリビア・チリ帰りの彼女。
てか、バックパック小さすぎ。
これでまわってきたなんてお見事!



P2180008.JPG

こちらは、誕生1ヶ月にして
すでに60人以上に抱っこしてもらってる
最年少の隊員さん。

似てる。

P2180012.JPG P2180013.JPG
posted by トミィ at 18:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。