2015年06月11日

出会い〜病院の待合室から沈黙のトラックへ

つづき。

アラスカでは外で担架(ストレッチャー)をガラガラガラっと転がすことができないから、ヘリポートから病院入口までっていう超超短距離でも救急車に乗るんだってことを初めて知りました。そして初めて乗ったよ、救急車の助手席。今考えたら、私は乗る必要なかったんじゃないのだろうか。目の前が入口なんだから歩いて行けばよかった。

ERに運び込まれるころには、彼女の意識も回復してきて、最悪の状態は回避できそうだったけど、あれしてこれして、ICUに移動して、アンカレジのマサさんにすがるように電話をして保険会社に電話をして(マサさんと保険会社が神様に思えた)、とにかくバタバタバタバタバタバタしてる間に、ベルマから話を聞いたキース爺さんが、病院に来てくれていた。「Hello, Naoko-san」て、いつも通りのキースになんだか心底救われた。その隣には、なんとなく日本人な女性が座ってて。バタバタしてたから挨拶もできずに、あ、誰かいるなくらいにしか思ってなかった。それから1-2時間、ようやく状況が落ち着いて、もう私たちは帰りましょうってなりました。

辺りはもう真っ暗で、キースのピックアップトラックに運転するキース・彼女・ワタシって並んで座った。
私はもう、へとへとで。くたくたのへとへとで。彼女と何か話さなくちゃ、自己紹介とかしなくちゃって思ってたけど、しゃべる元気が全くなくて、がたがたと揺れるトラックの中はずーっと沈黙だった。彼女からも、本当だったら色々聞いてきてもいいはずなのに(あんなに待たされてたんだから)、何も聞いてこなかった。私はもう「長い間待たせてしまって本当にすいませんでした」らしきことだけ言って、深い眠りにレッツーゴーだった気がする。

その後、彼女はケイコさんという名前で、関西出身のNY在住、今は仕事を辞めてどーーーんとアメリカ中を一人旅している最中だってことを知った。アラスカ鉄道でフェアバンクス入りして、駅に迎えに来たキース爺さんに「ちょっと病院寄っていい?」とあの場に連れてこられたことも。

怪我をしたメンバーがICUで様子見だけどもう大丈夫ってなったから、残りのツアーメンバーと一緒にケイコさんもグループに無理やり引きづりこんで、残りの1.5日間を楽しく楽しく楽しく過ごした。
そして帰国日、ケイコさんとキースロッジでバイバイしてから早9年。

9年の間、ケイコさんとはNYで3回、日本で5回、再会を果たしています。つい先週末も。この9年、何か、大きな転機がやってきたときには必ず連絡をとってきた。まさかこんなにずーーーーっと続くとは、と、彼女は思ってるかもしれないけど、私はアラスカでバイバイする時からなんとなく、この人には私から連絡し続けるだろうなーって思ってた。NYを訪れるお友だちにもたくさんケイコさん紹介できた。私もNY行くたび彼女のアパートメントに転がり込んでた。会うたびに、あの特殊すぎる出会い方について必ず話してゲラゲラ笑う(結果何事もなかったからゲラゲラ笑えるんだけどね)。キースが全然たいしたことないふうに言ってたのに話と違うからびっくりしてひたすら待合室で座っていたことも、あの帰り道、トラックの中で彼女から話しかけてこなかったのは、絶対に状況を聞くようなことをしてはいけないと思ったからなんだってことも、その心遣いに私は気が付いていたことも、ロッジでオーロラ当番のリストに自分の名前が入ってて「はい?」って思ったことも、会うと必ずその話になる。

衝撃的な出会い方のインパクトも一因だろうけど、頻繁に連絡取り合うわけじゃないのに、たぶん一生ずっと切れないだろうなって思えるこの関係は、人柄と考え方と生き方と似てるところもぜんぜん似てないところも、なんだかお互い全てしっくりくるから、なんだと思う。確実にわたしの人生を面白くしてくれてる存在だなぁ、と。あの時、待合室で意味も分からず座ってくれててありがとう、と心から言いたい。

そんな彼女は、引き上げてきたはずのNYにやはりもう一度戻ることにしたそうです。兵庫にいようがマンハッタンにいようが距離は全然関係ないけどね。いや、また会いに行く理由でNYへ行けるから嬉しいかも。
日本から応援しています。
posted by トミィ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

出会い〜待たせに待たせた病院の待合室

彼女との出会いは、フェアバンクスの病院の、ER待合室でした。

ついさっきアラスカ鉄道でフェアバンクスに到着したばかりの彼女は、キース爺さんと待合室のソファに座ってた。あれ、なんでワタシこんなとこにいるんだろう、って思いを必死に隠した表情で。

その4-5時間前。
オーロラを観るためにキースロッジに滞在してる私たちグループのメンバーの一人が、遊びに行ったチナ温泉で大けがをしてしまい。救急車を呼んだけど、これはヘリで大きな病院へ搬送した方がいいと救急隊員に言われ、到着したアーミーのヘリに乗り込みました。

動揺しまくりの自分自身にしっかりしろーと言い聞かせる中、チナの敷地に海外ドラマばりのバタバタバタという爆音と、強い吹き下ろしの風と共に着陸する迷彩柄の機体に「え、軍用ヘリ?まじ?」と思った。(後から知ったんだけど、アーミーだと無料らしい。民間のヘリだとそりゃーもうビックリさの費用がかかる。もちろん保険きくけどね。)そのヘリは担架をのせるつくりになっているから、最小限の人数しか乗れなくて、普通のヘリの様に正面(操縦席の方)ではなく、横向きに窓の方を向いて座る一人席が両側にあるという配置。シートベルトはもちろん五点式。そう、窓の方を向いて。窓が、正面。ということは。
景色が。景色がとてつもなくきれいなんですけど。いやいや、こんな時に、感動しちゃいかんいかん。でも、今だから言わせて。不謹慎だけど、大きな大きなアラスカの雪景色が太陽の光に反射していてキラキラ光ってるんだよ。トナカイだかなんだかが、その景色の中を走りまわっているんだよ。そんな風景が眼下に広がっているんだよ。わぉってなるよね。うん、なるなる。それに、大切なメンバーが命に関わるような怪我をして、仕事としても、仕事抜きでも、今から自分がすべきことを頭フル回転で考えながら、怪我をしたメンバーの名前を大声で呼びかけながら、でも不安で不安でどうしようっていう精神状態の時に、目に飛び込んできたあの景色は、たぶん一生忘れない。「もう、なんなの、すっっごいきれいじゃん」って思った。

つづく。
は?笑


posted by トミィ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

氷河への扉

0120.jpg

氷河への扉

ペダーソン氷河(Pederson Glacier)。
アリアック湾(Ailiak Bay)の奥の奥、入り組んだラグーンにひっそりとたたずむこの氷河。
海に直接面していないため、 崩れ落ちた氷はすぐには大海に流れ出ず、
湖面に、大きな塊がそのまま漂っているという。


「この氷河は見た方がいい」
ガイド二人は口を揃えて言う。だが、この氷河への扉が開くのは、1日2回。

入り口が細く浅すぎて、干潮時は水路が途絶えてしまう。
干満表を眺めながら、満潮時にそこにいられるよう、1日の計画を練る。

この日の満潮は午後5時50分。

キャンプ場からは片道13キロ、2時間の道のり。北の地にあるこの場所は、夏、
夜10時まで十分に明るく行動可能だが、 念のために懐中電灯は防水袋に入れておく。

午前中はキャンプ場でのんびりと過ごし、昼すぎに出発する。
2時間後、ラグーン近くの岸に上陸して遅い昼食を取りながら、 潮が満ちるその時をゆっくりと待つ。
遠く海面には、モグラ叩きのように、ときおり、アザラシたちがそのツルリとした頭を出しては、
私を不思議そうに見つめる。


午後5時。

川のような細い入り江を、潮の流れに乗って漕ぐこと30分。ようやく辿り着いたこの場所は、
曇って白い世界だっただからだろうか、 あまりにも音がない無機質な世界だったからだろうか。
景色にのみこまれそうな恐怖感を感じる場所だった。
誰も声をださず、ゆっくりと、静かにカヤックを進めていく。

「来ちゃいけない場所に来てしまったみたい・・・」
と、誰かが小さくつぶやいた。



自然を楽しむには、時計からもスケジュール帳からも離れ、
与えられ決められた時間でなく、自然の呼吸に合わせた、
もっと大きなリズムに身を任せるのが秘訣のようです。

時間に追われる日常をリセットしに、
この夏、アラスカを旅してみませんか?

舞台は、スワードの港町から貸し切りボートで半日離れた
キナイフィヨルド国立公園のバックカントリー。

この夏は、昨年訪れたアリアックベイよりさらに一つ奥、
ノースウエスタン・フィヨルドを探索します。

何が待ち受けているのか? 何と出会うのか?
それは、その地に降り立ったものだけが味わえる醍醐味。

8月、アラスカの原野でお待ちしております。

*あと2名で催行決定!

*6/14(月)申込締切、あと1週間です。
興味のある方は、お早めにメール または
お電話(03-3353-4455)までご連絡ください。

「地球探検隊」同行スタッフ
青崎 涼子


posted by トミィ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(1) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

share

ようやく観にいった映画
into the Wild

いやはや、これは、
想像以上に。

なんていうか
とてもリアルだった。

彼が旅の最中出会った人たち、
ワタシもアメリカで
出会ったことがある気がした。

独りの老人
キャンピングカーが住処となってる「タイヤの放浪者」


最後、彼が
アラスカの荒野の中でひとり、
書き綴る言葉は
とてもリアリティがあった。

幸せは。


幸福は分かち合うことでのみ現実となる
Happiness only real when shared.

このshare という言葉
すごく重かったし
なんかすごく嬉しかった
posted by トミィ at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

トイレサムイ

0218.JPG

いきなりの大寒波で
オフィスのトイレがとても寒くて、
トイレ行きたくなくなるくらい寒くて、

でも、行かないと
ある友だちのように膀胱炎になってしまうから
寒さこらえてトイレに行こうと思います。

体調不良で寝込む友だち続出・・
みんなも体、気をつけてね。


注:写真はサムイトイレのイメージです。
  オフィスのトイレではありません。
  写真のトイレに挑戦したい方はこちらまで



posted by トミィ at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

ワタシタチは・・・

出会うことが
できました。

0308-1.JPG

毎日
毎日
毎日!


0308-2.jpg

北極圏まで北上すると、
オーロラベルトの真下に入れるから

だから、
空のより高いところで舞うオーロラを
見ることができるんだよ。

って
一緒に北極圏を旅した
マサさんが教えてくれた。

*******

暖かくなる日々とは裏腹に、

もう少しだけ続きます
アラスカ北極圏報告。

そして明日は、
自分にとって「冬の終わり」を意味するイベントの日。

スノ−−−−−−−−−−−−−−ファイッ!

これまた、雪の中へ、GO。
posted by トミィ at 11:13| Comment(1) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

3回連続

0225-3.JPG

よーく、見て。
彼の後頭部。

オーロラが、浮き出て見える・・でしょ?

彼は、1月にも地球探検隊でアラスカに行っていて、
2月参加するとき、願掛けて、髪型をオーロラカットにしてきた。

そして、3月。
今彼は、中村隊長と一緒に
今年3回目のアラスカへ行っています。

3回連続、アラスカツアー参加。

どんだけ
キースロッジに詳しくなるんだよ、

という感じです。

でも
あのオーロラカットのおかげで、
ワタシタチは・・・。


*******

世界地図って、見てて本当に面白い。
飽きない。

大学時代の趣味の1つは、
実は、地図帳を見ることでした。
暗すぎていえない過去ですが。

地図のように、一歩ひいて眺めている世界と
旅行のように、実際に入り込んでゆく世界と

どっちがいいんだろうって
最近考えることがあります。

別にだから
どーってことでもないんだけど。
まだよくわかんないけど。

けど、

実際に入り込んでいってから
一歩ひいてみる世界地図の魅力が増したことは
確かだと思います。
posted by トミィ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

Arctic Circle

0227-2.JPG

北極圏でみた

白い世界に
沈んでゆく夕日。

それは、
それは。

それに映える
みんなの横顔。

それは、
それは。


0227-3.JPG

「ここから先が、北極圏だよ。」

探検隊修学旅行、初到達。
posted by トミィ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

ババンババンバンバン

ハー ビバドンドン。

記念すべき、
アラスカ北極圏ツアー第一弾の
メンバー in 水中。

久しぶりのお風呂に(しかも温泉)
これでもかってくらい、浸かっておきました。
はしゃいでおきました。

水中撮影って
難しいけど、おもろいね。

0222-1.JPG 0222-2.JPG 0222-3.JPG

0222-4.JPG 0222-5.JPG 0222-6.JPG

0222-7.JPG 0225-1.JPG 0222-8.JPG


0225-2.JPG

*******

今回のツアー催行を決めたとき
メンバーは、4人きりだった。

その後
参加するかどうか悩んでいた人や
お休みが取れることがわかった人や
ある日参加することを思いついた人が
参加を決意して

集まったこの8人。


ふたを開けてみれば
8人と言う、そこそこの少人数にも関わらず、
メンバー濃い濃い。

おかげで、
濃い濃い旅に、なったのでした。

私は行く前、
この日記を、書きました。
http://hanamichi.seesaa.net/article/73790559.html

共感できる人たちが
あのメンバーであったこと、

とてもとても
嬉しく思います。

みんな、ありがとう。
posted by トミィ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

モケモケ


0223.JPG

誰?
posted by トミィ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

人生初体験B

0221-3.JPG

動物に出会って、
涙が出そうになったこと。


このような地でも
生きている。

頭ではわかっていたけど

実際に出会って、
元気に走り回っている姿見て

鳥肌、たった。


他にも、
シープドールと
ジャコウウシに出会った。

白い世界にぽつんと一匹たたずむ
真っ黒いジャコウウシ。

なんて絵になる風景なんだろう。

彼の生きるべき場所は、
ここなんだ。
posted by トミィ at 20:32| Comment(1) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生初体験A

当たり前だけど、
北極圏は、北の方にあります。

とっても、北。

だから、サムイ。
とても、サムイ。

0221-1.JPG

この木、雪が重たそうだなぁと
少し心配になっちゃう、この写真。

一見、晴れているように見えますが
(晴れていたことは晴れていたのですが)

実際は、強風、吹いてました。

0221.JPG 0221-2.JPG

踏ん張ってないと、吹き飛ばされそうなくらいに。
このときの温度はMASAさんいわく、−40℃。

でも実際に私たちが感じている
「体感温度」は、約−50℃。

そりゃ、サムイ。
そりゃ、もう、笑っちゃいます。
息、白いどころじゃ、ない。


人生で初めて、
こんなにサムイ気温、体験したなぁ。



posted by トミィ at 18:41| Comment(1) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

人生初体験@

アラスカへ。

0219-3.JPG

そもそも、
TVゲームには
興味ない方だと思います。

でも、シアトルへいく機内で
再会をしてしまいました。

ヤツの名は「上海」。

高校生以来の再会でした。
はまってしまいました。

簡単そうで、難しいあのゲームに
ずるずると
引き込まれてしまいました。

食寝削って、
一心不乱に。

成田/シアトル
往復約17時間中11時間、

上海タイムでした。

ふと隣の席を見ると、
メンバーの一人もほぼ同時間、
上海タイムでした。

今回のアラスカへの旅、
人生初体験その1は

人生で初めて、
あんなにTVゲームをやったこと。

アラスカ、
全然関係なくて
ごめんなさいね。

でも、
自分の中でなんだか新しい体験だったもので。
posted by トミィ at 23:21| Comment(1) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

北極圏のトイレ事情


北極圏は
トイレまでもが、白かった。

0218.JPG


・・・さすがに使えない。



取り急ぎ
元気に帰国いたしました。
posted by トミィ at 17:37| Comment(1) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

【アラスカ】 「祝」

「還暦お祝い」

0126-1.jpg  0126-3.JPG

還暦だから、赤。

写真の赤ボトル・・・見えるかな?

ミンナからの寄せ書きをクルクルっと巻いて、
中に入れてるんだけど、これ、メンバーの一人が
考えてくれた案。さすが、幼稚園の先生だ!

オーロラ当番から戻ったら、
パチッと電気を消して

「クミさん!還暦おめでとう!」

「クミさん!」って言う係りの某O氏が
「クミさん、クミさん、クミさん」と
練習してる姿、ツボでした。


今回の旅は、「還暦のお祝いに」と
娘さんからのプレゼントだったそうで。

素敵すぎる、よね。

クミさんは、ツアー中も
私たちの優しい優しい、お母さんだった。



「誕生日お祝い」

0129-1.jpg  0126-4.jpg

みんなからの提案の数々で
とても素敵なサプライズ。

プレゼントの1つとして渡したのは
デジカメのメモリースティック。

旅の間中、彼女ためだけに撮り貯めた
写真の数々が入っている、世界に
たった一つの写真集。

メンバーが、その為に
日本から余分にメモリーを持参してた。

あのとき流れてた涙さぁ。
かなが笑顔で流してた涙さぁ。

キレイだったよねー
posted by トミィ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

【アラスカ】 ロッジでの遊び方

ノソノソと
続きますよ、アラスカ報告。

********

これはほんの、一例ですが。


●人文字
0127-4.jpg

〜ALASKA〜
(これ、2、3人で作ってるんだよ)



●パズル部結成
0127.jpg

〜7:00朝練、15:00ティータイム、22:00合コン〜
 


●サインの練習
0127-2.JPG

〜クミさんの場合〜



●酔っ払い
0127-3.JPG

〜誰?これ〜



●ちょっとだけ高価なワインはどっちゲーム
0127-5.JPG  0127-7.JPG

〜赤部屋・青部屋 運命の分かれ道〜



●PCで音楽鑑賞
0127-6.JPG

〜山手線発車メロディ、タイ語会話レッスン含〜



●お菓子作り
0127-8.JPG

〜製菓衛生師の先生をお招きして〜


などなど・・・

他には、

・パズル部その2
 〜一晩で2つ完成は奇跡です〜

・雪上柔道部
 〜前ボタンは閉めること〜

・トランプ
 〜二人なのに大革命〜

・UNO 
 〜D×8人=16枚〜


あーダメだ

思い出しただけでも
笑けてくる・・・


*********

軍手、快調です。

と、思ったら

ココロ優しい友だち(その2)が
寒い夜、見るに見かねてか

mont-bellの、かっちょいい手袋を
貸してくれた。

代わりに、軍手を差し出しました。

ありがとう、友よ。
posted by トミィ at 18:30| Comment(3) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

【アラスカ】 友人への返信

先日、友人から
3月21日からのオーロラツアーについて、
問合せをもらった。

返信メールの
最後に書いたこと

は、やっぱり
あのことだった。

-----

あのロッジで過ごす時間はね、特別だよ。
雪のアラスカの静けさを、ぜひ、ぜひ、体験してきてほしい。
堂々としてて、厳かで、誇り高い。そんな景色に出会えます。

-----

070118-2.JPG

そこで何をして、
何を感じてくるのかは
その人、それぞれ。

自分たちの景色
ぜひ、見つけてきてほしいです。


***********

070118-3.JPG

あの、
優しさを


070118-1.JPG

あの、
気づかいを


とても
とても
嬉しく思います。

ココロから
ありがとう。


posted by トミィ at 20:46| Comment(4) | TrackBack(1) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

【アラスカ】 42時間のクリスマス

12月25日。

061225-1.JPG

フェアバンクスへ向かう機内から見た
その景色に

「ああ、やってきたな」と

いう思いが、全身を走った。


2006年の12月25日は
42時間ありました。

静かに静かに、
ゆっくりゆっくり
過ごすことができた
日本のクリスマス。

そして、

寝てもさめても、12月25日。

神々しい雪山も、流氷も

アラスカからの
クリスマスプレゼント。

061225.JPG
posted by トミィ at 10:16| Comment(5) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

「よくなくなぁい?」メンバー各位


準備は、いいですか?


******

【赤】「能ある鷹は爪を隠す」組

けん 「フランス行った時と同じ味」
ゆう 「後味が残る」
ひとみ「すっぱくない」
ともえ「きちんと香りがする」
まみち「渋みと酸味がほどよい」

---------------------

【青】「あぁ・・・やっぱりね」組

りえ 「皮の渋みが残っていない」
ごう 「こっちの方が好き」
やぶ 「野生の味がする」
たえ 「適当」
かな 「深みがある」
ゆうこ「なんとなく」
たかよ「深い味わい」
タロウ「重みがある」
ようこ「重く感じる」

-----------------

【番外編】「ドンマイ」組

くぼっち先生


***********


素敵な遊びを、
ありがとう。
posted by トミィ at 21:58| Comment(5) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

「そうは、い還暦」メンバー各位

話題に上がった、
「オガサワラ&トミナガ」
タッグの件。


例の原因、
トミナガでは、
なかったみたいです。


オガサワラさんで決定、
ということで。
posted by トミィ at 19:26| Comment(3) | TrackBack(0) | Alaska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。