2014年10月01日

旅の思いだから、やっぱりこっちにも残しておこう

やっと。
借りてた国立公園の本を返して、やっと、色々落ち着いた。自分の中でも。

サンフランシスコ、ヨセミテ、ナパ、バークレー、計10日間。どこも楽しかったな。大きかったな。カラッとしてて、昼間は35度まで上がり、朝晩は一気に気温がさがる。そんなお決まりな気候を懐かしく感じて、ギリギリ夏に間に合ったような気がした。留守を守ってくれるスタッフさんのおかげでらくださんも一緒に来れた。1年ぶりの友だちとの再会はこの上なくいいタイミングだった。ヨセミテでは、なんなんだこの景色は!と何度も叫び。エルキャピタンがどーんとそびえ立ち、ハーフドームが夕焼けに色染まる。過去2回登って2回ともトラウマに近い、今では笑える思い出がたくさんのハーフドームを、こんなにゆっっくり遠巻きに眺められるなんて幸せ。今いるのがヨセミテバレーなのに、らくださんが「今からバレー見に行くの?」と言った時はどうしようかと思ったけど笑。ああ、やっぱり来て良かった。

2歳まで航空券がほぼ無料だし、来年は復職してるだろうし、行くなら今年。何より昨年アメリカに飛び立った親友に1日でも早くカンタロさん会わせなくてわ。そんな理由で早々に決めていた今回の旅行。でも、もう一つ、行きたい大きな理由があった。

今までの人生、大部分のことをどうにかなる精神でやってきて、実際どうにかなってきた。けど今年の2月から、その精神は影を潜めてた。いつも頭の片隅で最悪なパターンを考えながら過ごしてた。色んなこと心配しすぎなくらい心配しながら、自信のなさを完璧認めて。全然そんなふうに見えないだろうけど笑。なんだかいつもどっか緊張しててガチガチな感じ。全然そんなふうに見えないだろうけど笑。だから、カンタロと一緒にアメリカ行って、好きな国立公園を目指して運転してみんなでワイワイ楽しんで帰ってこられたらその時は、何事もなんとかなる、なんとかする、そんな気持ちをまた持てるんじゃないかなぁと思った。あのややいい加減な精神を取り戻したかったし、自己満足でいいから自信に繋げたかった。行く前は、案の定もりもりと心配の種が花開き。しかも!飛行機が事故にあったらどうしようとか、フリーウェイでバカ長いトラックが突っ込んできて火の海になったらどうしようとか、0歳児なぞの病魔でER行きとか、そんな類い!!仮にも12年間旅行業界で働いてたのに笑。しっかりして私!やっぱり自分が行きたいから行くなんて何もわからない0歳児には迷惑なだけなんかしらと言う私に、行っていいんだよ、と友だちに背中を押してもらったことも(ありがとう!)。なんて気の弱い38歳児。

そんなこんなで。いやぁ、自己満て本当に大切ですね笑。空港へ行くリムジンも飛行機も、いちいち最初は緊張したけど。なんとかなった。なんとかした。たくさん助けてもらいながら。行って良かった。あぁそうそうこの感覚だ!ってのを何度も思い出した。たかが旅行で、しかもアメリカで、大袈裟かもしれないけど、とても大きなことだった。そして、カンタロさんにとって、初めてだらけの大冒険な10日間が、これからの彼の人生に影響することは…恐らくないでしょう笑。でもいいの。大好きなみんなで大冒険を共有できたから。

さー、次のアメリカは大好きなあの場所へ。5年後だけど。今からだいたいのルートは頭に描きつつあり。任せといてよ、ボーイ&キャメル。だってなんとかなるから。今度はがっつり2週間はかけたいな。当面の課題は、さっくりと2週間休みが取れる社内での立場と環境作り、あと、5年以内に海越えたくなったときの行き先だな。とりあえず分かったことは、
・旅行の荷造りは今までの2倍時間がかかる
・後片付けは、3倍かかる
・バカ長いトラックはそうそう突っ込んでこない
・おチビさんがいるから行けないと決めつけるのはもったいない

てなわけで、自分の気持ちを残しておきたく長文になりました。やっぱり改行ほぼなしでごめんなさいね
posted by トミィ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

牛乳

090604-2.JPG

プハァ
ウマイ、もう一本!

去年のヨセミテの旅
ひたすら飲んでた、牛乳。

ランチは毎日
自分たちで作るサンドウィッチ。
だから、牛乳。

もう最後は、ガロンボトルから
じか飲みです、じか飲み。

このカラリとした空に
クーラーボックスで冷やした牛乳が
よく合うんだなー。でかいけど。


****

ハーフドームの正しい歩き方

20090606123450054_0001.jpg

今年ハーフドームに挑戦する
イクさまも書いてたけど

大阪交流会に参加したメンバーの一人が
このハーフドームMAPを作ってきてくれた。
(会社の紙を使って)

いやぁ 
あの辛い・・じゃない
頂上でみた絶景を思い出す。

もおさぁ
直後はもおいい!って思ったハーフドーム
やっぱりなんか、恋しくなるんだよね

あんなに辛かっ・・じゃない
ほほを撫でる爽やかな風が
病み付きになっちゃうんだ。

****

そして昨日、トレックアメリカのマットから
オフィスに電話がかかってきた。

バリバリイギリス英語の優しいマット、
今年のヨセミテ修学旅行の集まり具合はどう?と
心配してくれてた。

うん、正直まだ人数は少ないけど
でもツアーは出すことに決めたよ。
あのツアーは、本当に面白いと思うから。

といったら

エクスプローラー(さすがに探検隊とは言わない)には
楽しくてアドベンチャーが大好きなお客さんが
たくさんいるからね、きっとまだまだ集まるよ

と言ってくれた。

****

そしてさっき、
ヨセミテにずっと行きたいと思っていた隊員さんが
申し込みにオフィスに来てくださった。
ハーフドームは、裏切りませんよ!

夜は、去年集まった
楽しくてアドベンチャーが大好きなメンバーと飲み会です。

きっとまた、ハーフドームの話と
すがっちがKA見ながらビールこぼした話と

それとそれと、
あの話やこの話をするに違いない。

いつでもいつまでも、色あせない話。
posted by トミィ at 12:20| Comment(1) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

7:27pm

081020.JPG

例えば、12月3日に生まれた人が
12:03の瞬間に時計を見たら、
「あ、なんかラッキー」と思うように

最近、7:27の瞬間に時計を見たら
「おっ」と思います。

正確には、今年みんなで旅したヨセミテ、以降。
(遅ればせながら報告ページUP)

7:27という時間は
私たちにとって、
とてもとても

大きな意味を持ちます。

一言で言うならば・・・
アピアー?
アライブ?

P8150201.JPG P8150200.JPG P8150202.JPG

P8150204.JPG P8150205.JPG P8150208.jpg

P8150212.JPG P8150213.JPG P8150228.JPG

P8150238.JPG P8150239.JPG P8150240.JPG

P8150241.JPG

ヘロヘロになって
それでも頑張って

ハーフドーム歩いた、13人の足。

時間は気にしつつ、
でも、それぞれのペースで
無理は絶対に、しないよう。

大幅に帰りの時間に遅れてしまった私たち、
帰りは大きく二つのグループに分かれて下山した。

先に到着したグループから、だいぶ経ってもまだ
もう一つのグループが到着しない。

下で待ってるリーダーは
「7:30になったら、レンジャーを呼ぼう」と

覚悟した顔でじっとベンチに座ってた。

大丈夫。

・・・大丈夫じゃないかもしれない。
でも、大丈夫。
だよね

水もほとんどない状況で
しかも下山ルートを間違えながらも
それでも、
相談しながら判断しながら進んできたみんなが
無地に戻ってきた時間、

それが7:27だった。

だから、この時間は
私たちにとって、特別な時間。

写真交換会で久しぶりに13名
全員集合した土曜日、
出るわ出るわ、この7:27の話。

そりゃそうだよね
かなり、インパクトあったよね
あの時のミシェル、こわかったね
心配、しまくってくれてたんだね

同じ話なのに
何度しても、笑っちゃう。
今だからこそ、笑っちゃう。

写真交換会には
カレー、サンドイッチ、サラダのクルトン、
カリフォルニアロール・・・

トレックアメリカの旅のキーワードが
たくさんたくさん、ありました。

ずっと7:27をさす時計と
この写真集は
2008夏の宝物です。

本当に、一緒に旅したみんなに、ありがとう。


旅した先に
こんな出会いが

まだまだ
あるかもしれない。

だから、いいんだよね。
と、思う。
posted by トミィ at 21:05| Comment(1) | TrackBack(1) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

絶景とは、まさにこのこと。

6−7時間
頑張って頑張って頑張って歩いたら
この景色が待っていた。

ヨセミテ・ハーフドーム登頂。

0826-2.jpg


ちなみにこちらは、
最後のひと踏ん張り、直前のジブン↓

0826-1.jpg

肩、落ちてます。

完全に疲れてる、これ。
ヘロヘロ。
ぷぷぷ

コノ、はしごの下
(後ろに見えてる縦の線、はしごです。黒い点々は、人です)

に辿り着くまでの、あの岩場。
お日様、照り返しまくりの、あの約50分。

本当に辛かったんだもん。

何度「トミナガ、ここで引き返します」
と、言おうと思ったことか。

でも
前(っていうか、上)を見たら
後ろ(っていうか、下)を見たら

みんなが、いました。

疲れてるけど、
自分のペースで 一歩一歩
急な坂道を上ってる
みんなが、いました。

だから、歩けた。
posted by トミィ at 17:55| Comment(1) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LA観光


Hollywood に
チャイニーズシアター

おのぼりさんでもいいじゃなーい
これまた、楽しい

0828-1.JPG 0828-2.JPG

0828-3.JPG 0828-4.JPG
posted by トミィ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ストレッチガール


0822.JPG

ハーフドーム頂上にて


****************

アーチーが崩れたり
洪水があったり

そこに、それがあることを
当たり前だと、
思わないよう。

いつもの景色が
いつでも広がっていると
思わないよう。

永遠に変わらないものなんて
きっと、ない。

そうすれば
今、目の前に広がる景色が
もっともっと、ありがたい。
posted by トミィ at 20:58| Comment(1) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

募集

お見合い写真その@
0819-5.JPG


お見合い写真そのA
0819-6.JPG


お見合い写真そのB
0819-8.JPG
(ぜひクリックして拡大を)

お見合い写真そのC
0819-7.JPG

とにかく、いい味だしてるんです。

興味のある方は
ワタクシまでゴレンラクヲ!

------------

すがっち、こんな感じでOK?
posted by トミィ at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hacienda(ハシエンダ)


今まで何百回と
隊員さんに案内してきた
「Hacienda Hotel」。

トレックアメリカの
LA発のツアー集合場所。

何百回も案内してきた割には
実は、今回が初対面だった。

0819-3.JPG 0819-4.JPG

おおー、これがハシエンダ。
おおー、これが「ハシエンダの前にある」スターバックス。

今まで何百回、聞いてきただろう。

0819-2.JPG 0819-1.JPG

おおー、これがハシエンダホテルのロビーにある
トレックツアー参加者用の掲示板&メンバーリスト。

なんていいますか
数年来の付き合いなのに、ようやく出会えた

勝手にそんな感じです。
posted by トミィ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

113度

なんだか東京
ずいぶん涼しいです。

楽しい夏を
海の向こうで過ごしてきたのだから
もう、夏は終了ですよ、と
言うことであれば
それは、しょうがないかな。

と思えるくらいに
楽しい旅に、なりました。
ありがとう。


東京涼しく感じる、もう1つの理由は
やっぱり、灼熱キャンプ、
してきたからでしょうか。

華氏113度って表示されてました。

これ、摂氏に換算したときは
何かの間違いかと思いました。

だって、45度なんだもん。
45℃って。

そりゃみんな、
コロラド川に飛び込んじゃう。

0818-1.JPG 0818-2.JPG

0818-3.JPG 0818-4.JPG

夜になっても、明け方になっても
結局温度、ほとんど下がらなかった
キャンプ1泊目。

寝袋になんて入れないから
水着のままマットに横たわったり、
テントの外で横になった
キャンプ1泊目。

暑すぎて、
ほとんどのメンバーが
ほとんど眠れなかった
キャンプ1泊目。

人生初です、45℃って。
もう、笑っちゃーう。

細々報告していきますねー


***************
***************


人生はいつ、何が、
起こるかわからない。

一瞬、
ありきたりに思えるかもしれない
このことを
今日、改めて実感をした。

自分の身ではないけれど、
でも、近い距離で。


人生はいつ、何が、
起こるかわからない。

ありきたりに思えるかもしれないけど
これは決して
ありきたりなんかじゃないないって
思った。

どんなにわかってるつもりでも。
posted by トミィ at 21:01| Comment(1) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

【ヨセミテ】 登って登って、お昼ねタイム

RIMG0271.JPG

登ってきたの。
ヨセミテで。

ロッククライミングを愛するメンバーの、
「ヨセミテに行ったら、ぜひ、やってみたい!」

という強い希望に、私も便乗。

RIMG0282.JPG

ここで受けたロッククライミング講習の詳細は、
今回の唯一の男性で山男でもある、えっちんに任せよう


私の中でとても印象的だったのは、
クライミングに挑戦しているファミリーがとても多かったこと。

まだまだ小さい男の子がガシガシ登っているかと思ったら、
一方では、「お父さん、ガーンバ!」って、お父さんのロープを
下でしっかり支えながら、声援を送ってる。

RIMG0279.JPG

しっかりとした指導のもとで経験すれば、危険なことじゃない。
少しの勇気を持って、楽しいことに取り組んでる、そんな家族が素敵だった。

もう一つ、印象に残っていること。

途中、みんなが登ったりロープ支えたりしてるときに、
私はサボって昼寝をしてた。

時間にしたら、きっと一時間くらい(長い?)の
あの、木陰でスヤスヤ眠る、気持ちよさ。

木にもたれかけて、
意識のとぉーくの方では、みんなの声が聞こえてて、
ヨセミテの風がソヨソヨと私の横を通り過ぎてく。

間違いなく、幸せでした。
幸せすぎて、よだれたらすとこだった(いや、たらしてた)。




posted by トミィ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

【ヨセミテ】 大きいんじゃない、ちっぽけなんだ

RIMG0200.JPG

ギブスも取れて、リハビリも順調で
うかれポンチ気味にアラスカへ飛び立った番長が、
「セコイヤの巨木を囲んで、みんなで写真を撮りたい」と言っていた。

と、いうことを覚えていたメンバーの一人が
撮らなくっちゃ!と号令をかけてくれた。

今回私たちは、9人という修学旅行にしては少人数のグループ。
この巨木を前に、どーにもこーにも、これ、手がまわらない。
つないだ手をいっぱいいっぱい、伸ばしてみても、まわらない。
13人いても、きっとギリギリだったと思う。

ヒンヤリ空気の木立の中を、
テクテク(迷いつつ)歩いてたどり着く。

木漏れ日の中、ドドーンと
それでいてスックリと立っていたこの木。

なぜでしょう、
昔、童話テープでよく聞いていた
「ジャックと豆の木」の物語を思い出した。

あれは確か、背は高くても、
そんなに太い木ではなかったはずなのに。

たぶん、
すべてが大きくて大男を連想させるから。だと思う。

まわりに落ちてた松ボックリも、
笑っちゃうほど大きくて。

そう。
ヨセミテは、すべてが大きかった

・・・けど。


だけど、
「大きいなぁ」という表現は、傲慢なのかもしれないね。
(ついつい口をついて出てしまうけど。)

セコイヤも松ボックリもハーフドームも、
目を見張る大きさなのは事実だけれど、

それ以上に、人間がちっぽけにすぎないんだ、きっと。

「もっと謙虚に」。
そうココロに刻み混みたくなる場所、ヨセミテは。


posted by トミィ at 23:19| Comment(3) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

【ヨセミテ】 気持ちはフル、の結果

RIMG0264.JPG

全9名、登頂成功。

往復 16.4マイル(約26キロ)、
標高差 約1400メートル、

12-13時間かけて、歩ききりました。

長かった。長かったぞ。

でも、頂上でみた360度広がるあの景色、
全身をフワァ〜っと駆け抜ける風、
体にしみわたる水の美味しさ、
容赦なく照り付けてくれた太陽、
登頂後に抱き合ったみんなの笑顔、

全部、宝物。


アメリカ西部の代表ともいえる
グランドキャニオンのトレイルを経験したみなさま、

次は、ハーフドームだよ。


markerpinsl.jpg

みんなで登った記念にと、
おそろいで購入したハーフドームのピンバッジ。
(実は数が足りなくて、現在注文中)

勲章、だね。


posted by トミィ at 00:31| Comment(1) | TrackBack(1) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

【ヨセミテ】 気持ちは、ハーフじゃなかったよ

RIMG0247.JPG

ドドーンと、ハーフドーム。

見える?
真中の黒い点々(列)= 人間です。

人間、小さすぎる。
ハーフドーム、大きすぎる。


RIMG0253.JPG

頂上への最後のルート、急すぎる。
想像していたよりも、急すぎる。

慎重に慎重に。
一歩一歩、確認するように。

ハーフドームへ登頂したいという、
みんなの気持ちは、ハーフじゃなくて、フルだった。

結果は・・・
posted by トミィ at 19:00| Comment(6) | TrackBack(0) | Yosemite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。