2011年02月28日

キリンのもよう

2011年版イントレピッド社のパンフレットが届いた。

自分が参加したツアーのページを
やっぱり一番最初に探してしまう。
ツアーの名前は「Serengeti Trail

今年はどんな写真使ってるのかな。
あ、あった・・・


AF1.jpg

斬新。
キリン、どアップ。

だいぶ近いけど
これ、ナイロビのジラフセンターで撮ったのかしら。

それとも
サファリで野生のキリンを、超望遠で?

まさか
彼らがここまで近づいてきたわけじゃないよねぇ
まさかねぇ
だって近すぎるよねぇ

色々、想像が膨らむわけです。

私が一番近づけたのはあの瞬間だな

PB110359.JPG

彼らがゆっくり近づいてきて
横切ったその瞬間
車の中で思わず息をひそめてた。

私たちにとって、そこは決められた道だとしても
それはこちらの都合であって、
彼らには、なーにも関係ないもんね
すべてが通り道

私たちはそれを決して邪魔してはならない。

夕闇に、ゆっくり歩く彼らの姿が
今も脳裏に焼きついているのです

PB110352.JPG




・・・と思ったらページの片隅に

‘Photo Competition, Giraff, Nairobi, Kenya’

ナイロビってことは
やっぱりジラフセンターかな。


posted by トミィ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

バオバブコーラ

CIMG0234.jpg

ワールドカップにあやかって?

デザインかっこいい。

仲良し隊員さんが持ってきてくれました。
普段コーラとか飲めない自分ですが
ちょっと味見させてもらいました。
感想は、内緒です。

夕暮れに、キリン。

私たちのトラックの目の前を
キリンが何頭も横切っていった夕方を思い出す。
posted by トミィ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

増・アフリカの問合せ

今日、取引先に電話をしたら
保留の音楽が、Sadeでした。

やるなぁ。
なんかすごく嬉しかったです。



土曜、アフリカの夕べで
ケニアタンザニアの話を色々と。
話し出すとやっぱりとまらない。

今年に入り、アフリカツアーの問合せが増えています。
1日に1−2回はアフリカの話をしている気がする。

自分が行った8日間のツアーをはじめ
もっと長期の、南アフリカからケニアまで縦断するような
ツアーの問合せもけっこう多い。

一度は行ってみたい場所だと思っている人が
やっぱり多いんだと、つくづく実感。

行ったことのないところは
ワタシも調べながらのお話になるけど
相談してきてくれるとやっぱり嬉しい。
嬉しいのです。

調べると知識も増えるし、逆に、
隊員さんが持ってる情報教えてもらうことも
しょっちゅうなんです。ありがたーい。

そんなわけで、
今年アフリカに行こうかなと相談してきてくれた
あの人に、あの人にあの人。
ほか、行きたいなと思っている人も
何かあればいつでもご相談を。
posted by トミィ at 16:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

【Sawasawa Africa】ゾウとキリン

幼い頃と同じでした。

1217-1.JPG

1217-2.JPG

やっぱり
ゾウとキリンを見た時が
一番、興奮したなぁ

なんかさー
優しいんだよね
しぐさや、歩みが。

一緒に旅したお友だちは、
ワタシは生まれ変わったら
アフリカのキリンになりたい、
と言っていました。

わかる気がする
posted by トミィ at 18:15| Comment(1) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

アフリカ報告会

先週の土曜日
アフリカ報告会を開催。

たくさんの方にお集まりいただきました。
本当にありがとうございました。

実は、帰国してから
友だちや家族ひっくるめ
アフリカのお話をちゃんとしたことが
まだなかったんです。

今回、約二時間
たくさん、お話させていただきました。

話している途中も、
色々な質問、疑問をなげかけてもらったり、
なんかどんどん楽しくなってきて

あー、やっぱり
アフリカ行ってよかったなぁ と
良い旅だったなぁ と

改めて、思った次第でございます。

1214-1.JPG

最後に流した、
報告会のために作った旅のムービー。

たった4分のスライドショーだけど
超、機械音痴の私にしては、結構な力作です。
かなり苦労して作りました。
(作成時間はヒミツです)

オフィスにあるから
いつでも見にきてねー

いつか行ってみたい憧れの場所、が
「あ、行けるかも」の場所、に
気持ちが少しでも近づいてくれたら
本当に嬉しいなぁと思います。

27日のたびのみでも
アフリカの話しようと思いまーす

年の瀬、ボリボリお菓子でも食べながら
一緒に写真見ましょう。
posted by トミィ at 13:35| Comment(1) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

【Sawasawa Africa】共存

4106396154_be5644947a_b.jpg

これは別に
弱肉強食ではなくて、

共存共栄
なんだと感じました。
少なくとも、ワタシには。

あの地は
共存の世界だった。


posted by トミィ at 19:59| Comment(1) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

【Sawasawa Africa】合言葉

PB120392.JPG

このおちゃめな笑顔の人、私たちのツアーリーダー。
ケニア人のマサイ出身のクリス。

動物見つけるのが上手で
ウヒャヒャヒャヒャ笑う、ツアーリーダー。

火のおこしかたや(写真左)
マサイ族の伝統的な武器の使い方や(写真右)
アフリカや動物の色んな色んな話
(あ、聞き取れなかったことたくさんあったけど)

たくさん教えてしてくれた。

PB110298.JPG PB110294.JPG

タイトルにもつけている、「sawa-sawa-サワサワ-」という
言葉を教えてくれたのは、このクリス。

トラックの中で、何か説明をした後

クリス「sawa-sawa?」
みんな「sawa-sawa!」

いつもサワサワサワサワ言っていた。

sawa-sawa?=OK,OK?

「みんな、オッケー?」
「ハーイ、オッケー!」

このやり取りが日課になってた。
なんか、妙に軽いこの感じが好きだったなぁ

Sawaは、ケニア・タンザニアの公用語となっているスワヒリ語。
(英語も公用語だよ)

スワヒリ語は
なんか発音がかわいくて聞いてるのが楽しかった。
有名なのは、挨拶のジャンボ、かな。

そして個人的に一番好きなスワヒリ語は

Hakuna Matata -ハクナ・マタタ-。

-大丈夫だよ-
-何とかなるさ-
posted by トミィ at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Sawasawa Africa】遠くて、近い

帰国してから、オフィスに戻ってから
「アフリカ、どうだった?」とたくさんの方から聞かれて

もちろんイイことはイイんだけど
それをどう言えばいいものかわからなかったワタシですが
ようやく、気持ちが整理できてきた。と、思う。

アフリカは、遠い。
だけど、近かった。

ヨーロッパの人たちからしたら
私たちアジア人にとってアフリカは、遠い。

そしてなにやら、心配の種がいっぱい転がってる・・・
ように感じる。例えば、治安とか、病気とか。

でも、そんな
ガチガチになるところじゃなかったんです、アフリカは。
もっと気楽に、もっと身軽に、足を運んでいい場所だった。

距離は遠くても、気持ちは近く。
そして、動物も近かった!

PB090093.JPG



なんか、オフィスに戻ってきて
この1ヶ月会ってなかった方たちから

トミーに会いたいから、オフィス行くね
月イチパーティーいくね、と言っていただいたり。

なんか、とてもありがたいです。

12日に開催するアフリカ報告会では
自分の中で小さく挑戦してることもあって。
今、準備中。

ぜひ、お会いしましょう!
posted by トミィ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

【Sawasawa Africa】こっそり心に誓ったこと

ワタシ、思いました。

今後、アフリカやヨーロッパや、中東や
とにかく、そちら方面に行く場合
たとえその都市への直行便があろうとも、
毎回、エミレーツ航空を使おうと。


だって、よかった。
すごく、よかった。

関空が玄関口なので、羽田から出発できる
(2010年春から成田に就航するそうです)
出発の時間が夜だから、当日の準備でもOK
パーソナルテレビの画面が驚くほど大きかった
離陸前でも映画が見れた
シャンパン以外の飲みものはフリーだった
(ワタシお酒飲めないからあまり関係ないけど)
CAのみなさん、国が様々でなんか面白かった
制服に、びろーんてカーテンみたいのついててアラブさ満点
チキンラーメンが置いてある(往路のみ)

それに、電気が消えたら、そこには
プラネタリウム顔負けの星空が広がっていた。
機内なのに。

PB070020.JPG

そして何より!
経由地となるドバイ(UAE)には
古くからの友人が住んでいるから。

数時間のトランジットを利用して
夜中の街へ繰り出し、
ドバイの夜景がキレイなお店いって。
2時間限定ガイド、ありがとう。

PB160524.JPG


posted by トミィ at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Sawasawa Africa】欠かせないもの

●遠くがよく見られる双眼鏡と、

1125-1.JPG


●10倍以上のズームがあるカメラ。
(できれば、一眼レフが望ましい)

個人的な意見「防水」はいらない。
その分「望遠」の利くカメラを

じゃないと、こーなる↓

1125-2.JPG

赤い丸部分にチーターがいるんだけど
ぜんぜん、写ってない。

まるで、ドット(.)です、ドット。

●それと、予備バッテリー
これまたできれば、2つくらいあるといいかなぁ

充電は、できるチャンスもあるけど
いつでもできるわけじゃない。
充電の順番待ちがすごくて、諦めざるを得ないときもある。

うそーん、ここで切れちゃうの、とならないように。
うそーん、こんなに動物近いのに。
経験者は語ります。
posted by トミィ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

【Sawasawa Africa】かたあしだちょうのエルフ

記憶がある中で
人生で初めての「アフリカ」との接点は
たぶん、この絵本。

1121-3.jpg

木版画の、渋い絵本。

幼稚園の頃、おゆうぎ会で
お芝居したんです、このお話の。

私は台詞が1つ2つの
カンガルーの子ども役でした。

ねぇ なんで、カンガルー?
アフリカに、カンガルーはいないのに。

でも、私のお母さん役のショウコちゃんと
ピョンピョン一緒に飛んでたから、
カンガルーに間違いないんです。
自分で子カンガルーのお面も作った。
たしか、赤い下をペロリと出してるお面。
その頃から下手な絵だったけど。

一瞬、あのお話はアフリカが舞台ではなく
オーストラリアが舞台だったのかも・・と思い
帰国して調べたら、やっぱりアフリカだった。

どうして、私はカンガルーだったんだろう。
アフリカに、カンガルーはいないのに。



と、いうことを、考えたのは

オーストラリアから来たツアーメンバーの1人が
EAST AFRICA のロンリープラネットに掲載されてる
アフリカにいる動物写真を見ながら、リーダーに
「ねえ、カンガルーはどこ?」と言っていた、と聞いたから。
なんか、色々思い出してた。

かたあしだちょうのエルフは、
アフリカの草原にたつ1本の木の写真からイメージされた
動物たちの世界をえがいた絵本なんだって。

たしかに、こう見ると
だちょうが片足でたってるみたいでしょ。

1121-2.JPG
posted by トミィ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

ツアー終了後、ナイロビホテルでの一コマ


1121-1.JPG

「ねぇ 明日帰国なのに荷物全然入らない」の図




帰国してから数日立ちました。
元気に帰ってきております。

旅の様子は、また、おいおい。

12/12(土)
冨永姉の誕生日でもあるこの日に

探検隊オフィスにて
アフリカ多国籍ツアーの報告会を
開催します


アフリカでのあれこれを
言葉にまとめるの
ほんとーーーーーに難しいのですが
ぜひみなさま、遊びにいらしてくださいませ。

posted by トミィ at 19:02| Comment(1) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

今回の玄関口は関空です

来年からエミレーツが
成田に就航するとかしないとか。

今は羽田へ移動中。関西からの出発は初めてです。

荷物が、重い。

では行って参ります。
posted by トミィ at 18:59| Comment(1) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

アフリカへ行きます

予防接種を受けて
あさってビザを受け取りにいって

ちらちらと書いてきましたが
来月、アフリカへ行ってきます。

参加するのは、イントレピッドの
Serengeti Trail
ケニアとタンザニアをくるっと小回りしてきます。

ツアーは8日間、日本発着最短は11日間。
遠いと思っていたアフリカ
11日間でツアーに参加できるんだよ。

11日間といえば
コスタリカとおんなじ日数でいける。

春、お友だちと花見をしていたとき
今年の目標の一つとして
新しい場所へ行くこと、できればアフリカ
と話していました。

それに付け加え、

ずーっとしたかった
友だちと2人で多国籍ツアーに参加すること

これが、とうとう叶います。

これはあくまでも自論、
10年近く色々な形で多国籍ツアーに関わった
イチ旅好きとしての自論 ですが

多国籍ツアーは
お友だちと参加するのが
一番楽しいのではないかな、と。
楽しい、というか
楽しみ方に幅が持てる、というのかな。

もちろん1人参加も
いろんな意味で挑戦だし
すごく意味あると思いますが

私にはどうやら、笑いのツボ、みたいのが
どこにいても必要みたいで。

だから、英語に疲れたら
日本語で話して、似てるツボで笑える友だちと一緒に
多国籍いけるの、本当に嬉しいのです。

というわけで
ずっとアフリカに行ってるわけではありませんが

11月は1〜30日まで丸1ヶ月
オフィスを留守にいたします。

いわゆる、オフです。
ちょっと長めですいません。

アフリカにも行きたいですし。。。と
1ヶ月のオフを認めてくれる探検隊&スタッフ。

なんて恵まれているのでしょうか・・
ありがとうございます。
posted by トミィ at 19:59| Comment(3) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

Yellow Fever

PA230108.JPG

黄熱病の予防接種

注射は一瞬
効用は十年

ワクチンを体内に入れてるわけだからね
体に変化が現れる人もいるんだって。
だから注射の後は、30分は待機。

待ち時間は、ずっと
よしもとばなな、読んでました

そして30分後に渡されたイエローカード
性別がM(Male)になってた。
どーして。

当たり前だけど
イエローカードって本当に真っ黄色。
posted by トミィ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

アフリカ

memo:

ケニアビザは現地空港にて取得可
タンザニアビザは日本で取得−翌日できあがり

エミレーツ航空が比較的安くて、経路たくさん、便利

黄熱病の予防接種、週一度の完全予約制
火または水曜のところが多いみたい

 しかも、予約とりずらい なぜなら
 ワクチンの量が限られているから そして
 出発2ヶ月前からの電話予約で、
 接種できるのは渡航1ヶ月をきってる人のみ

 証明書(イエローカード)込みで8,530円
posted by トミィ at 20:17| Comment(3) | TrackBack(0) | Africa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。